日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」  > 中野ジェームズ修一 金スマで話題!「血糖値を下げる運動」誕生秘話!  > 2ページ

中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」

中野ジェームズ修一 金スマで話題!「血糖値を下げる運動」誕生秘話!

有酸素運動と筋トレを組み合わせたエクササイズで糖尿病予防

 松尾直俊=フィットネスライター

芸能人が口々に「キツイ」、キツイからこそ効果が出る

 中野さんは先日、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(2019年2月8日放送)に出演し、この血糖値を下げるエクササイズを実際に指導した。オンエアではあまり放送されなかったが、エクササイズを行った出演者が口々に「キツイ」と言うので驚いたという。「芸能人の方は車での移動も多く、日常的な活動量が減ってしまっていて、少しの運動でも息が上がりやすいのかもしれません」(中野さん)

 これは芸能人だけでなく、我々にも同じことが言える。交通機関が発達し、買い物もインターネットで済ませることができるようになった今、生活のなかで体を動かすことが極端に少なくなっているのだ。

中野ジェームズ修一著『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP社)

 「本にも書きましたが、血糖値を下げるためには、多少は負荷のかかる運動を行う必要があります。簡単で楽ちんな運動では効果が出ないのです。番組を見てエクササイズをやってみた方は、キツいから効果があるんだと思っていただけたらうれしいですね」(中野さん)

 血液中の糖をより多く使うためには、筋肉をたくさん動かす必要がある。「自動車で言うならば、筋肉が“エンジン”で、糖が“ガソリン”です。ガソリンをできるだけ多く使うためには、燃費が悪い状態でエンジンを動かせばいいのです」(中野さん)

 自動車の燃費は、エンジンの回転数をできるだけ一定に保って走行したほうが良くなる。逆に、道路が混んでいるときに、頻繁に止まったり発進したりを繰り返すと、燃費が悪くなり、多くのガソリンを使ってしまう。

 「血糖値を下げるエクササイズでは、いろいろな種類のスクワットや膝上げ運動を組み合わせて行います。そのなかで、フル出力で筋肉を動かすのと、アクセルを閉じるようにして動きを止めるのを繰り返します。これによって、燃費を悪くして糖をたくさん使うことを狙っているのです」(中野さん)

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.