日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」  > 動かしやすい部位のストレッチだけで満足してませんか?
印刷

中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」

動かしやすい部位のストレッチだけで満足してませんか?

アンバランスなストレッチの習慣は逆効果の恐れも

 松尾直俊=フィットネスライター

体を健康的に保ち、いつまでもパワフルに働くには、正しい運動と食事、そして休息のバランスが取れた生活が必要だ。そこで、著名なフィジカルトレーナーである中野ジェームズ修一氏が誤った健康常識を一刀両断。効果的で結果の出る、遠回りしないための健康術を紹介する。今回は、筋肉に張りやコリを感じた時に行うストレッチについて。仕事の合間などに行う人も多いだろうが、誤ったストレッチではかえって逆効果なこともあるようだ。

 仕事中は長時間のパソコン作業に、通勤途中の電車やバスの中ではスマートホンの操作…。現代人は一日中同じ姿勢を続けることが多くなっている。さらに、歩くことや日常の家事で体を大きく動かすことも少なくなり、生活レベルでの活動量も減ってしまっている。

座ったままの姿勢で長時間の仕事をする人が硬くなりがちなのは、お尻の大殿筋と肩甲骨周辺の筋肉だが、この部分のストレッチを日常的に実践している人は多くないという。

 筋肉は使わなければ、その能力が衰えていくと同時に、柔軟性も失われる。つまり体はどんどん硬くなってしまうのだ。「そこで多くの人は、柔軟性を回復させようとストレッチをしますよね。私はフィジカルトレーナーとして、そのこと自体は良いことだと思いますし、積極的にやってもらいたいと思っています。ただ、一般の方々が自己流で行っているストレッチには、いくつか見直してもらいたい点があるのです」と中野さんは語る。

可動域の限界を超えたストレッチは靭帯や腱を痛める

 一般の人がオフィスなどでよく手軽に行うのは、肩や首などの“静的ストレッチ”だ。長時間同じ姿勢を続け、凝り固まった筋肉を静的ストレッチで引き伸ばし、刺激を加えると、一時的だが気持ちがいいことは確かだ。定期的に行えば体の柔軟性が回復し、血行も良くなって、凝り固まりやすい体質が改善する。しかし、冬の気温が低い時期は注意が必要だ。

 「筋肉が冷えた状態で過剰な力で無理に引き伸ばすと、関節の可動域の限度を超えてしまい、筋肉だけでなく、靱帯や腱に大きな負担がかかります。すると、それらの組織を傷める可能性が高まります。運動後やお風呂から上がった後、まだ体が温かいうちに行うといいと思います」(中野さん)。

女性が医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.