日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」  > 箱根駅伝の舞台裏でフィジカルトレーナーがやっていること
印刷

中野ジェームズ修一の「遠回りしない体メンテ術」

箱根駅伝の舞台裏でフィジカルトレーナーがやっていること

選手の“個性”に合わせてきめ細かくサポート

 松尾直俊=フィットネスライター

2019年1月の箱根駅伝では、今回も熱い名勝負が繰り広げられた。注目された青山学院大学は、5連覇をかけて臨んだものの、惜しくも総合2位に終わった。今回は、2014年から青学駅伝チームのフィジカル強化指導を担当している中野ジェームズ修一さんに、その舞台裏について聞いてみた。

復路でゴールテープを切る青山学院大学の鈴木塁人選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

選手の要望を事前に聞いておく

 フィジカルトレーナーの仕事は、選手のフィジカル面を強化することで、競技力の向上や、けがの予防を図ることにある。中野ジェームズ修一さんは、元卓球選手の福原愛さんや、バドミントンの藤井瑞希選手を担当したり、テニスの伊達公子さんの復帰をサポートしたほか、2014年からは青学駅伝チームのフィジカル強化を指導している。つまり、4連覇を成し遂げた青学の陰の立役者でもあるのだ。

 「テレビの中継などで、選手にマッサージやストレッチを施しているトレーナーの姿を見たことがあるでしょう。一般の方からすると、トレーナーというとそのようなイメージが強いかもしれません。でも実は、どの選手にも同じように必ずマッサージをしているわけではないのです」(中野さん)

 箱根駅伝などの大きな大会の舞台裏では、トレーナー側の実に細かな心配りがあるのだ。

 「選手によっては、なるべくギリギリまでマッサージをしてもらいたいという人もいれば、大会2日前になったら一切、体には触らないでほしいという人もいます。トレーナーは、事前に希望を聞いておいて、選手のやりやすいようにサポートするのが鉄則です」(中野さん)

医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.