日経Gooday TOP  > からだケア  > 【ニッポン柔道式】最先端トレーニング科学であなたも体力復活!  > ニッポン柔道選手が脂肪過多に陥った食事のクセとは?  > 5ページ目

【ニッポン柔道式】最先端トレーニング科学であなたも体力復活!

ニッポン柔道選手が脂肪過多に陥った食事のクセとは?

栄養知識があっても、ついやってしまうダイエットの落とし穴

 松尾直俊=フィットネスライター

筋肉をつけるだけでは体重制限をクリアできない

 リオ五輪に向けて、井上監督は選手たちの筋肉量を増やし、フィジカル面を強化する方針を前面に打ち出した。その任を担ったのが日体大准教授の岡田総務コーチ。しかし、筋肉の比重は脂肪の約1.3倍ある。つまり、筋肉をつければつけた分だけ、体重は増える。そこで食事面で体重を増やさないような食べ方のアドバイスを行う役割を担ったのが、管理栄養士の上村さんだった。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.