「仕事のパフォーマンス」と健康活動の関連を見ると、「瞑想の頻度」は「睡眠時間」や「睡眠満足度」よりも「仕事のパフォーマンス」と正の関連性が高かった。つまり、瞑想の頻度が高い人は、仕事のパフォーマンスが高いと自覚している傾向だった。(グラフ提供:Campus for H)

記事に戻る