日経Gooday TOP  > からだケア  > 試してみました! 遺伝子検査サービス  > 遺伝子検査で、自分に合った「効果的なダイエット法」がわかる!  > 3ページ目

試してみました! 遺伝子検査サービス

遺伝子検査で、自分に合った「効果的なダイエット法」がわかる!

「体質」に合わない肥満対策ではダイエット効果が上がらない

 田村知子=フリーランスエディター

日本人に多いタイプはどれ?

 各遺伝子検査サービスでは、それぞれの肥満遺伝子の特徴やイメージから、分かりやすいタイプ名をつけていることが多い。例えば、β3AR遺伝子に変異があるタイプは「内臓脂肪型」「りんご型」「タヌキ型」、UCP1遺伝子に変異があるタイプは「皮下脂肪型」「洋なし型」「クマ(男性)/カンガルー(女性)」、β2AR遺伝子に変異があるタイプは「やせ型」「バナナ型」「キリン」など。各社で呼び名は違っても、調べている肥満遺伝子は同じだ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り4217文字 / 全文5485文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.