日経Gooday TOP  > からだケア  > 試してみました! 遺伝子検査サービス  > 遺伝子検査で、自分に合った「効果的なダイエット法」がわかる!  > 2ページ目

試してみました! 遺伝子検査サービス

遺伝子検査で、自分に合った「効果的なダイエット法」がわかる!

「体質」に合わない肥満対策ではダイエット効果が上がらない

 田村知子=フリーランスエディター

体質に合ったダイエットの方が減量幅が大きい

 体質に合った食材を選ぶことで、本当にダイエット効果は変わってくるのだろうか。

 「2010年に、米スタンフォード大学と米インターロイキン・ジェネティックス社が米国心臓協会で発表した内容によると、遺伝子の構造に適切なダイエットをした人の方が、あまり適さない方法を試した人よりも、減量幅が大きいことが確認されています。141人の女性を対象としたこの研究では、糖質で太りやすい遺伝子を持つ人が低糖質ダイエットを実践するなど『遺伝子タイプに合ったダイエットを行った人』は体重が5.3%減ったのに対し、『遺伝子タイプに適さないダイエットを行った人』は2.3%の体重減少にとどまりました(詳しくはこちらの発表を参照)」(近藤さん)


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り4217文字 / 全文5485文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.