日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 夏の疲れはカレーで撃退!  > 知ってた? カレーは“おいしい”漢方薬
印刷

夏の疲れはカレーで撃退!

知ってた? カレーは“おいしい”漢方薬

カレーがもたらす10の健康効果とは?

 仲尾匡代=医療ライター

日本の夏は暑くて長い。冷房が効いた室内は快適な一方で、外気との温度差によって不調を起こしやすい。そんな時こそ、カレーがいい。今回から3回にわたって、夏の不調を改善するためのカレーの効能や食べ方、具材などについて解説していこう。1回目はカレーに含まれるたくさんのスパイスについて、カレーに詳しい漢方専門医の丁 宗鐡(てい・むねてつ)先生に話を聞いた。「カレーの元となるスパイスは昔、薬として使われてきたもの」と丁先生は話す。

 カレーは“漢方薬”がふんだんに入った、究極の健康食の一つであることをご存じだろうか。薬として扱われてきたスパイスが大量に入っているカレーは、食欲低下や肝機能低下を防いだり、自律神経の働きを高めたりするなど、さまざまな健康効果が期待できるという。

 1回目となる今回は、カレーに含まれるたくさんのスパイスについて、カレーに詳しい漢方専門医の丁 宗鐡(てい・むねてつ)先生に話を聞いた。「カレーは夏の疲れ対策に最良の食事の一つです」と丁先生は話す。

薬として日本にやってきた、カレースパイスたち

カレーを構成するスパイスは、日本では薬として使われてきた歴史があります。(©Krzysztof Slusarczyk-123rf)

 わが国のカレーの始まりは、南蛮貿易が盛んになった安土桃山時代までさかのぼるともいわれている。カレーのもととなるスパイス類が数多く日本に入ってきた。「すでに、ペッパー(胡椒)、クローブ(丁字)、シナモン(肉桂)は、薬(漢方薬)として中国経由で伝来していましたが、ナツメグ(肉豆蔲:にくずく)は、この時代になって初めてもたらされたといわれています」(丁先生)。薬として持ち込まれたこれら4種のスパイスだが、同時にヨーロッパでは食用として用いられているということもこの時に伝わっている。ただし、これらのスパイスは日本においては、あくまでも薬として利用されていた

薬から食品へ、カレーライスの登場

 この後、カレーは明治時代以降、海軍を通じ、西洋料理としてイギリスから伝わった。軍隊や学校でその味を覚えた人が増えて庶民に知られるようになり、ようやくここでカレースパイスが、薬ではなく食品扱いされるようになったのである。しかし、これらのスパイスは、始めは、食品を扱う商店ではなく、薬を扱う商店で売られていた。

 薬として利用されていたカレースパイスの数々には、どんな効能が期待されるのだろうか。先に挙げた4つのスパイスをはじめとして、カレーに使われるスパイスの効能を表にまとめた。

 例えば、カレーのあの色はターメリック(鬱金:ウコン)による色。ターメリックに含まれる代表的な物質である、クルクミンは抗酸化作用がある。また、胃腸の働きを活発にする働きのある物質も含んでいる。

関連記事:二日酔い予防に! 宴会の日は「ランチにカレー」

表1◎ カレーに使われるスパイスとその効能
スパイス
(カッコ内は生薬名)
特徴 効果的な症状・不調
ペッパー(胡椒)
さわやかな香りと刺激的な辛み 冷え性、食欲不振、肥満など
シナモン(肉桂)
かすかな辛みと甘み、さわやかな甘い香り かぜ、不眠、ストレス、冷え性、胃弱、下痢など
ナツメグ
(肉豆蔲)
刺激的な甘い香りと穏やかな苦み 下痢、低血圧、不眠、ストレスなど
クローブ
(丁字)
個性的な強い香りとピリッとした辛み、かすかな苦み 食欲不振、肝機能低下、胃弱、下痢、腹痛など
クミン(馬芹)
個性的な強い香りとピリッとした辛み、かすかな苦み 食欲不振、肝機能低下、胃弱、下痢、腹痛など
ターメリック
(鬱金)
苦みや香りはないが、独特の風味がある 肝機能低下、二日酔い、月経異常、かぜ、胃弱、腹痛、肩こりなど
ジンジャー
(生姜)
清涼感のある甘い芳香と独特の辛み かぜ、冷え性、頭痛、胃弱、食欲不振、乗り物酔いなど
ガーリック
(大蒜)
刺激性のある特有の香り 便秘、かぜ、疲労回復、冷え性、むくみ、肥満など
マスタード
(芥子)
ツーンとする特有の辛みと芳香 食欲不振、胃弱、便秘、神経痛・リウマチなど
スターアニス
(八角)
かすかな辛みと苦み、甘い香り かぜ、咳止め、胃弱など
コリアンダー
(胡ずい子)
レモンのような芳香、かすかな辛みと口あたりのよい甘み 肝機能低下、下痢、かぜ、胃弱、関節痛など
(写真提供:ハウス食品)
奈良時代にさかのぼる、わが国のカレーの歴史

 カレーは、インド圏からヨーロッパ圏に広がっていったといわれているが、驚いたことに、現存する世界最古のカレースパイスは日本に存在している。それらは奈良の正倉院、聖武天皇の遺品とともに1300年近く保管されているのだ。

 奈良時代である753年、中国・唐代の高僧、鑑真が渡来。彼は仏教の教えを伝えるだけでなく、医学にも精通した人物で、大量の生薬(漢方薬の原材料)を聖武天皇へ献上した。この時の生薬の中に、カレーの原材料となるスパイスが存在していたのである。黒胡椒、白胡椒、丁字、肉桂。まさにカレースパイスとしてポピュラーなスパイスばかりだ。冷えた体を温める、頭痛を治す、胃腸の働きを高めるなど、様々な効能を求めて薬として用いられたとされている。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.