日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > がんになって気付いたこと  > がんになったからわかる「患者としての立ち居振る舞い」
印刷

がんになって気付いたこと

がんになったからわかる「患者としての立ち居振る舞い」

がん患者も医師もいろいろ。だから、患者が「自立して」「情報を得て」「判断する」ことが大切

 前田典子、池谷光江=乳がん患者

診断に至るまでの経過、治療法、病気の状態など、がんのエピソードは人それぞれ。がんと向き合った人々がその経験から「気付いたこと」は、今を生きる私たちが忘れてしまいがちな発見や希望に満ちています。自身も肺がん患者である、日経BP社の山岡鉄也が、がんと向き合った人々に話を聞き、「気付いたこと」について触れていきます。

 共同でがん患者の立場から緩和ケアを紹介する冊子を作成した前田典子さんと池谷光江さん。前回に続いて、小冊子を作っていく過程で気付いたことを、さらに詳しく伺います。

ケアが理想的でも、料金が高すぎたら入れない

普通は緩和ケアというと医学的な話かと思うのですが、お二人が作られた小冊子は、利用料金や申し込み手続きなどの話が充実していますね。

前田典子さん
2007年に乳がんを発症。2009年に肺転移が発覚し、現在は抗がん剤による化学療法を受けている。

前田 この小冊子は、基本的に私が自分のために必要だと思ったことを載せています。どんなに素晴らしい施設でも、料金が高すぎたら入れませんよね。自分が実際に入ろうと考えると、費用の問題はとても重要でした。それに、調べてみると、急にはなかなか入れなかったり、紹介状が必要だったりと、知っておくべきことがたくさんありました。

池谷 二人で一緒に病院を回って、「費用はいくらかかるか」「いつから予約できるのか」といった具体的なことを調べていきました。それを元に、緩和ケア病棟に入りたい人がどうしたらいいのか、流れがわるようにまとめていきました。

患者はいろいろ、医師もいろいろ

緩和ケアの小冊子を作って気付いたことはありますか。

池谷光江さん
2000年に乳がんを発症。左の乳房にがんが見つかってから半年後には右の乳房にもがんが見つかる。

池谷 がんは一人ひとり違いますよね。がんの種類とか、置かれている状況とか、そのときの経過によって全然違っていて、ひとつだけの正解というものはありません。作る前もそう思っていましたが、小冊子を作って、なおさらそう感じます。だからこそ、患者は今の自分に何が必要かをきちんと知っておくことが、とても大事だと思います。

前田 本当に、患者にもいろいろな方がおられます。私は、大手百貨店などのウィンドウディスプレイを手がけていたこともありますが、自己表現が必要な仕事なだけあって、自分の考えをズバズバ主張するほうです。だから、がんになってからも、自分の思ったことを医師に、遠慮せず言ってきました。でも、私とは違って、自分の考えを全く言わない患者さんもいます。

自己主張が苦手な人もいるということですか。

池谷 はい。自分自身のがんを受け入れられないため、自己主張できないという人もいると思います。それに、緩和ケアを受けるということは、どうしても自分の死と向き合うことになりますよね。できればそれを避けたい…という気持ちもわかります。

なるほど。医師のような偉い人に対して、素人は主張してはいけないと考える人がいると思います。医療者の側から患者の考えをうまく引き出してくれればいいのですが、日本では、そういうことができる医師はあまり多くないかもしれませんね。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.