日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > がんになって気付いたこと  > 乳がん患者2人が緩和ケアの冊子を作ったわけ
印刷

がんになって気付いたこと

乳がん患者2人が緩和ケアの冊子を作ったわけ

前田典子さん、池谷光江さん「患者でなければ、書けないことがある」

 前田典子、池谷光江=乳がん患者

診断に至るまでの経過、治療法、病気の状態など、がんのエピソードは人それぞれ。がんと向き合った人々がその経験から「気付いたこと」は、今を生きる私たちが忘れてしまいがちな発見や希望に満ちています。自身も肺がん患者である、日経BP社の山岡鉄也が、がんと向き合った人々に話を聞き、「気付いたこと」について触れていきます。

小冊子『がん患者のための緩和ケアの受け方』
医師とのコミュニケーションの取り方や痛みの伝え方、自分に合った緩和ケアの探し方などが、がん患者の視点から分かりやすくまとめられている。

 乳がんに罹患した前田典子さんと池谷光江さんは共同で、がん患者の立場から知っておくべき緩和ケアの知識をまとめた小冊子『がん患者のための緩和ケアの受け方』を作成しました。そのいきさつと、がんの経験や小冊子作成に当たって気付いたことをうかがいました。

最初に、お二人が緩和ケアについて小冊子を作った経緯を聞かせてください。

前田 私は2007年に乳がんになって手術をしました。ちょうど退職した年でした。それまで仕事一筋だったので、「リタイアした後はどうしよう。何か趣味でも見つけなきゃ」と思っていたんです。否応なくがんと正面から向き合うことになり、前にも増して生きるモチベーションが上がってくるのを感じました。

課題が与えられたという感じでしょうか。

前田典子さん
2007年に乳がんを発症。2009年に肺転移が発覚し、現在は抗がん剤による化学療法を受けている。

前田 そうですね。「やるべきことができた」という感覚です。そこで、「身体にいいことをしよう」「スケジュールにこだわらないようにしよう」という具合に、仕事が現役だった時代とは真逆の、自分にやさしい生活を心がけるようになりました。

 2009年にがんが再発すると、“人生のしまい方”について考えるようになりました。そうしたら、ちょっと疑問に思うことが出てきたんです。

疑問とはどんなことですか。

前田 あけぼの会という患者会でがんの友達がたくさんできたのですが、多くの人が亡くなる直前まで、きつい副作用に耐えながら、抗がん剤治療を続けています。もちろん、最後まで希望を捨てずにがんと闘うことをその人が望んだのであれば、尊重するべきだと思います。ただ、どうして多くの人が最後まで抗がん剤治療をしているのか、私にはふに落ちませんでした。

自分自身が調べたことをほかの人にも役立てたい

前田さんなら、違う選択をするということですか。

前田 そうですね。自分なら「最期は、緩和ケア病棟で穏やかに過ごしたい」と考えています。できれば、自然が豊かで環境のよいところ…。ところが、本当に素晴らしい主治医のいる今の病院には緩和ケア病棟がありません。病院の患者会で、先輩から「治療を止めたら、がん難民(*1)になるわよ」と言われて、真剣に他の病院の緩和ケア病棟に入る準備をしなくてはと思うようになりました。

 しかも、私はいわゆる“おひとり様”なので、あらかじめ準備しておかなければならないことがあります。そうやって先のことを考えて、さまざまなことを調べていくうちに、ほかの人にも役立つように、調べたことを小冊子にまとめようと思いつきました。一人で作るのはさすがに難しいため、池谷さんに声をかけたのです。

*1 “がん難民”とは、適切な治療を受ける病院が見つからない患者のこと。

相談を受けた池谷さんはどのように思いましたか。

池谷光江さん
2000年に乳がんを発症。左の乳房にがんが見つかってから半年後には右の乳房にもがんが見つかる。

池谷 前田さんとは仕事の関係で知り合い、もう30年くらいの付き合いです。2014年の5月に「再発した人向けに、患者の立場で有用な情報を集めた小冊子を作りたい」と相談を受けました。

 私も乳がんの患者です。2000年に左の乳房にがんが見つかって、告知から手術まで1週間くらいしかなく、自分の判断というより、先生に言われるまま、乳房温存手術でしたが、その当時の標準治療ということで腋窩リンパ節郭清(*2)しました。

*2 リンパ廓清(かくせい)とは、脇の下のリンパ節を脂肪ごと取る手術のこと。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.