日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > がんになって気付いたこと  > 治療の発展とともに、患者の力は医療者から期待される存在に
印刷

がんになって気付いたこと

治療の発展とともに、患者の力は医療者から期待される存在に

肺がん患者会・ワンステップ!代表 長谷川一男さん「人はみんな、支え合っている」(後編)

 長谷川一男=ワンステップ!代表

診断に至るまでの経過、治療法、病気の状態など、がんのエピソードは人それぞれ。がんと向き合った人々がその経験から「気付いたこと」は、今を生きる私たちが忘れてしまいがちな発見や希望に満ちています。自身も肺がん患者である、日経BP社の山岡鉄也が、がんと向き合った人々に話を聞き、「気付いたこと」について触れていきます。

 前回に続いて、肺がん患者の会ワンステップ!を立ち上げた長谷川一男さんに、がんになって気付いたことについてお話を聞いていきます。患者会の設立によって医療者から求められるようになったある役割や、がんになって長谷川さんが感じた家族や周囲の人との絆とはどのようなものだったのでしょうか。

肺がん患者の会ワンステップ!を立ちあげられましたが、日本には肺がんの患者会は、これまでなかったのですか。

肺がん患者の会 ワンステップ!のホームページ

長谷川 ほとんどありませんでした。乳がんなどと比べて肺がんは、予後が短かったことがあると思います。でも、最近、医療が発展して肺がん患者の予後が長くなってきて、患者会がいくつも生まれてきています。ここ2、3年のことですね。

 こういった動きは、日本に限ったことでなく、世界的に同じです。ただ、アメリカなどは少しだけ先を進んでいて、肺がん患者が患者会を作るだけではなく、医療者と一緒に医療を変えるところまできています。アメリカでそんなことができるのなら、日本でもやれるだろうと思います。

患者会ができて患者が主体的に活動することについて、医療者の反応はどうですか。

長谷川一男さん(肺がん患者の会 ワンステップ!代表)
1971年生まれ。テレビディレクターとして働くが、2010年に肺がんと診断される。2015年4月に肺がん患者会 ワンステップ!を設立し、代表を務める。

長谷川 医療者はアメリカをはじめとする世界の流れを見ているので、患者がどんどん発言したり、主体的に活動したりするのは当然のことと受け止めてくれるようになってきました。

 患者会の存在は、実は医療者にもメリットがあります。例えば、日本肺癌学会は「肺がん医療向上のための京都宣言」の第1に「肺がん患者中心の肺がん医療を実現します」とうたっています。でも、そのために医療者が患者の意見を聞こうと思っても、これまで患者の意見を伝えてくれる窓口がありませんでした。

 また、「患者中心の医療」を実現しようとすると、医療者だけでは解決できない問題が山ほどあることに気付きます。患者会は、そういう問題に取り組んでくれる存在になれます。ですから、医療者が患者会にすごく期待してくれているのを感じています

 患者会でお互いの気持ちを分かち合うことはとても大切ですが、患者会は、その他にもさまざまな可能性を広げるものだと思います。ひとつひとつはとても小さな患者会でも、集まれば大きな声になります。大きな声になれば、行政に患者の要望を届けたり、医療者と連携することもしやすくなるでしょう。なにより、せっかく患者会がいくつもできているのに、それらがバラバラではさびしいじゃないですか。そこで、あちこちの患者会に声をかけ、2015年11月に日本肺がん患者連絡会を立ちあげました。現在、ワンステップ!を含めて6つの患者会が参加しています。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.