日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > がんになって気付いたこと  > 自分が納得してがん治療を受けることが後悔を減らす  > 3ページ
印刷

がんになって気付いたこと

自分が納得してがん治療を受けることが後悔を減らす

肺がん患者会・ワンステップ!代表 長谷川一男さん「自分は、ひとりではない」(前編)

 長谷川一男=ワンステップ!代表

大勢の先輩たちの知見が消えてしまう現状…

ところで、長谷川さんは、肺がん患者の会ワンステップ!を立ちあげられましたね。その経緯を教えていただけますか。

長谷川 僕が肺がんと診断された当時は、日本には肺がんの患者会は、ほとんどありませんでした。でも、ブログやホームページで情報発信をしてくれる先輩たちがいて、僕はその人たちの発言に勇気づけられたり、投稿して話を聞いてもらったりしていたんです。

 ところが、そういうサイトは、中心になっている方が亡くなると、半年後くらいにサイトが全部消えるんです。おそらく、料金が支払われなくなるからでしょう。無料のブログは残りますが、「卒業されました」という文章がいつまでもあると、入る気が起こらなくなってしまいます。すると、せっかく積み上げられていた患者の経験談とか工夫とか、本当に貴重なものが全部消えるんですよ。集まっていた患者のコミュニティもなくなります。それがすごくショックでした。

 これは肺がん患者の宿命かもしれませんが、先人の知見が継承されないのは、非常にもったいないことです。そのために、新たに肺がんになった人は情報を得られずに、すべて初めての体験として、右往左往していかなくてはなりません。先人の知見を継承していきたい。そのためには、患者会を作ったらどうだろう。そう考えて、2015年の4月に肺がん患者の会ワンステップ!を立ちあげました。

ワンステップ!として、どんな活動をされていますか。

長谷川 ワンステップ!には、3つのテーマというか目標があります。

 まずは「分かち合い」。患者同士が集まって、共感を得られる場を作ります。たとえ何も解決しなくても、わかり合える者同士で話をするだけで、心が落ち着きます。そのために、2カ月に1回くらいの割合で、実際に集まって話をするおしゃべり会を開いています。

 2つめは、「知って考える」。先にお話したように、自分で納得して治療を受けることが大切なのですが、そのためにはさまざまな情報を勉強しなくてはなりません。そこで、週に1回くらいブログを更新して情報提供などをしています。

 3つめは、「発展・継承する」。この4月に昨年末に申請していたNPO法人の認証が下りました。法人化すれば活動の幅が広がるし、継承されていく基盤が整うと思います。

将来的に、どんなことをしていこうと思われますか。

山岡鉄也(日経BP 広告局プロデューサー)

長谷川 最初はひとりで始めた患者会ですが、だんだん志を同じくする仲間が増えてきました。そこで、例えばブログで情報発信するだけではなく人を集めて講演会をするとか、いろいろな企画を立てて実行していくつもりです。

 例えば、2016年7月29日の日本臨床腫瘍学会の患者プログラムで「患者が変えるがん医療」について講演しました。

 僕は、そこでは治験についてお話してきました。治験は臨床試験であって治療ではないとされていますが、使える薬が残り少なくなってきた患者にとっては、貴重な選択肢のひとつです。でも、治験の情報は患者にはなかなか入ってこないなど、治療と考えたときには、たくさんの問題があります。そこで、まずは現状を明らかにした上で、これからどうすればいいのか考えていこうと思います。

ワンステップ!の活動を通して気付いたことはありますか。

長谷川 「自分はひとりじゃない」と思えるようになりました。肺がん患者といっても、一人ひとり病状は違うし、性格や生活環境も違います。だから、治療に対する向き合い方とか考え方は、人それぞれでいいんです。でも、同じ方向を向いている人がいて、「自分はひとりじゃない」と思えることは、とても大切だと思います。

 ワンステップ!は会員が現在400人になっています。予想外に多くて、みんなが患者会を必要としていたことを実感しています。会員の方からは、「情報ありがとうございます」と感謝されますが、ワンステップ!をやっていくことで仲間ができて、僕自身がとても助けられています。

 肺がん患者の生存率が延び、患者同士のつながりが大切になってきたと話す長谷川さん。患者会の設立によって、医療者からも一目置かれるようになったそうです。 次回は、患者会の役割のほか、長谷川さんががんになって気付いたことについて伺います。

(写真:清水真帆呂/文:梅方久仁子)

聞き手:山岡鉄也
日経BP 広告局プロデューサー
2010年、肺がん(ステージIV)と診断される。入院や通院での治療の後、復職。2012年4月から2016年3月まで国立がん研究センターの患者・市民パネルメンバー。自らの経験を生かして、がんと就労が両立できる社会を目指して、「がんと共に生きる」「がんと共に働く」をスローガンにその環境整備をライフワークにしている。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.