日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > がんになって気付いたこと  > 自分が納得してがん治療を受けることが後悔を減らす
印刷

がんになって気付いたこと

自分が納得してがん治療を受けることが後悔を減らす

肺がん患者会・ワンステップ!代表 長谷川一男さん「自分は、ひとりではない」(前編)

 長谷川一男=ワンステップ!代表

診断に至るまでの経過、治療法、病気の状態など、がんのエピソードは人それぞれ。がんと向き合った人々がその経験から「気付いたこと」は、今を生きる私たちが忘れてしまいがちな発見や希望に満ちています。自身も肺がん患者である、日経BP社の山岡鉄也が、がんと向き合った人々に話を聞き、「気付いたこと」について触れていきます。

 2015年の4月に肺がん患者の会ワンステップ!を立ち上げた長谷川一男さん。これまで病後の経過が良くなかった肺がんは、医療の進歩により予後が長くなり、患者同士の情報共有が求められるようになりました。インタビューの前編では、「わからないことをわからない状態のままにするのがすごく嫌」と自己分析する長谷川さんに、がんと診断されるまでの機微と、全国で初めて肺がんの患者会を立ち上げた経緯について話を聞きました。

最初に、長谷川さんががんと診断された経緯を聞かせてください。

長谷川一男さん(肺がん患者会 ワンステップ!代表)
1971年生まれ。テレビディレクターとして働くが、2010年に肺がんと診断される。2015年4月に肺がん患者会 ワンステップ!を設立し、代表を務める。

長谷川 今でも日付をはっきり覚えていますが、2010年2月25日に救急病院に駆け込んだのが発端です。その1、2週間前くらいから咳がひどくて、市販のかぜ薬を飲んでもおさまりませんでした。ひどいかぜだなあと思っていたら、3日前くらいから首の横のあたりが大きく腫れてきたんです。

 当時は知りませんでしたが、上大静脈症候群といって、血管が詰まって起こる肺がんの症状の一つでした。

 「これはただ事ではない」と思って、妻と一緒に近くのかかりつけ医を受診したら、救急病院に行くよう勧められました。そこで夜間救急外来に行くと、若い医師がレントゲン写真を見て「CTを撮りましょう」というんです。CTを撮ると今度は担当がベテラン医師に変っていて、「肺炎かもしれないですねえ。なんでしょうねえ」といった具合で、話がいっこうに前に進みません。

 CTの画像には、肺に雪だるまのような白い大きい影が映っていて、素人目にも異常だとわかりました。どんどん状況が悪くなっていくのを自覚していましたが、心は追いつかなくて、「ひょっとして、がん?」と頭に浮かんでも、必死に打ち消していました

 でも、そうこうするうちに、医師は診断があいまいなまま話を終えようとしていることに気が付きました。僕は性格的に、わからないことをわからない状態のままにするのがすごく嫌なんです。これはもう聞くしかないと思って、「これはどう見てもがんですよね」と聞いたら、「はい、そうです」とあっさり言われてしまいました。

自分から聞いたのですか。勇気がありましたね。

長谷川 ええ、はっきりしない、宙ぶらりんの状態にいることが耐えられませんでした。

 がんの告知って、普通は段階を踏みますよね。要検査と言われて精密検査をして、もっと大きな病院でもっと詳しい検査を受けてと、心の準備も段階を踏んでいくもの。担当した医師は、僕にいきなり「がんです。かなり進行していますね」と言えなかったのでしょう。

いきなりの告知は、大きなショックだったのではないですか。

長谷川 はい。ダメージは大変なもので、4日間くらい一睡もできませんでした。その間、意識がはっきりしたまま、全然眠くならない極度の緊張状態だったと思います。気持ちが空回りして、「もう、一生病院から出られない」と不安が膨れあがっていったことを鮮明に覚えています。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.