日経グッデイ

Gooday調査

50代前半で「ガクン」とくる! 不調と運動・飲酒・食事の関係は?

日経Gooday読者アンケート結果

 日経Gooday編集部

男性は年齢とともにどんな体の不調(変調)を感じるようになるのでしょうか。食事や運動、生活習慣と不調の関係はどうでしょうか。このテーマについて、日経Goodayの読者にアンケート調査を実施しました。特集「不調を吹き飛ばせ! 男性ホルモンがあなたを変える」と併せてお読みください。

【調査の概要】
  • 手法 インターネットによるアンケート調査
  • 調査期間 2017年8月1日~8月31日
  • 回答数  504名

4割近くが「尿意で夜中に起きてしまう」

年齢を教えてください(一つだけ)
(N=504)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、アンケート調査の回答者の年齢構成は上の通り。50代と60代が多く、70代以上も24.6%でした。

体の変調がありますか?(複数可)
(N=504)
[画像のクリックで拡大表示]

 「体の変調がありますか?(複数可)」という質問については、「尿意で夜中に起きてしまう」と答えた人が最も多く、38.1%でした。それに、「午後眠くなる」「ED、朝立ちがない」「尿の出方が弱い」「関節や筋肉が痛い」などが続きます。

 「こうした症状は、男性ホルモン(テストステロン)の減少が原因となっている可能性があります」と語るのは、日本Men’s Health医学会理事長で順天堂大学大学院泌尿器外科学教授の堀江重郎さんです。「夜中におしっこに起きるようになったら要注意」(堀江さん)とのこと。

50代前半で「ガクン」とくる!

年齢別「とくに変調はない」と答えた人の割合
カッコ内の人数は、今回のアンケートで「年齢」についてそれぞれ「40代後半」や「50代前半」などと答えた人の数。つまり、例えば40代後半の人は30人いて、そのうち「とくに変調はない」と答えた人が26.7%に上る。
[画像のクリックで拡大表示]

 それでは、いつごろからこういった変化や症状を自覚するようになるのでしょうか。先ほどの質問で「とくに変調はない」と答えた人の割合を、年齢構成ごとにグラフにしてみると、上のようになりました。40代後半が26.7%であるのに対し、50代前半は7.9%と、ガクンと減っています。今回の調査では、50代前半で体に変調が起きる人が多いということが見てとれます。

「ウォーキング」が5割超!

どんな運動を定期的にしていますか?(複数可)
(N=503)「その他」の例としては、水泳、サイクリング、ゴルフなど。
[画像のクリックで拡大表示]

 「どんな運動を定期的にしていますか?(複数可)」という質問に対しては、「ウォーキングなどの軽い有酸素運動」と答えた人が最も多く、53.8%にも上りました。次に、「腕立て腹筋などの筋肉トレーニング」「ストレッチ」と続きます。道具などが必要なく、一人で手軽にできる運動を多くの人が定期的に行っていることが分かりました。

頻繁に運動している人ほど不調がない

運動の頻度と「とくに変調はない」と答えた人の割合
括弧内の人数は、今回のアンケートで「運動の頻度」をそれぞれ「ほぼ毎日」「週に2~3回」「週1回程度」と答えた人の数。
[画像のクリックで拡大表示]

 それでは、運動の頻度と不調の関係はどうでしょうか。運動の頻度と、「とくに変調はない」と答えた人の割合を見てみると、「ほぼ毎日」運動している人は、「週に2~3回」「週に1回程度」の人よりも、体の不調を感じていないことが分かります。

「ガジェット好き」には不調が少ない!?

生活において、以下にあてはまるものはありますか?(複数可)
(N=494)「趣味が楽しい」と答えた人の挙げた趣味の内容の例は、ゴルフ、テニス、音楽、家庭菜園、登山、マラソンなど。
[画像のクリックで拡大表示]

 次に、生活習慣について見ていきましょう。「新聞に目を通す」に続き、「読書をする」「日記やメモをつけている」「趣味が楽しい」と答えた人が多い結果となりました。

 一方で、「新しいガジェットをチェックする」と答えた人は4.4%と少なかったのですが、生活習慣と「とくに変調はない」と答えた人の割合を見ると、実は「新しいガジェットをチェックする」人は不調を感じている人が少ないということが分かります(次のグラフ)。

生活習慣と「とくに変調はない」と答えた人の割合
カッコ内の人数は、今回のアンケートで自分の生活習慣について、それぞれ「新聞に目を通す」「日記やメモをつけている」などと答えた人の数。
[画像のクリックで拡大表示]

 「とくに変調はない」と答えた人の割合が多かったのは、「新しいガジェットをチェックする」に続き、「趣味が楽しい」「電気自動車が欲しい」「服装に気を使っている」などでした。

 「新しいものに興味を持とうとする人は、そうではない人に比べて男性ホルモンの低下が少ない傾向があるといわれています」(堀江さん)。逆に、男性ホルモンが低下すると、集中力の低下や無関心、無気力といった症状が表れるという

毎回3合以上飲む人の症状は…

お酒(清酒、焼酎、ビール、洋酒など)を飲む頻度を教えてください(一つだけ)
(N=494)
[画像のクリックで拡大表示]

 お酒を飲む頻度については「ほぼ毎日」と答えた人が最も多く、5割を超えていました。一方、1回に飲む量といえば、日本酒換算で「1~2合」と答えた人が最も多く36.1%、次が「1合未満」で31%、そして「2~3合」が19.9%、「3合以上」が12.8%でした。

飲酒量と体の不調の関係
カッコ内の人数は、今回のアンケートで「飲酒量」をそれぞれ「1合未満」「1~2合」「2~3合」「3合以上」と答えた人の数。
[画像のクリックで拡大表示]

 それでは、飲酒量を「3合以上」と答えた人はどのような症状で悩んでいるのでしょうか。回答が多かったのは、「尿の回数が多い」「ED、朝立ちがない」「集中力が続かない」「関節や筋肉が痛い」などでした。「飲み過ぎが男性ホルモンの低下につながることもあるので注意が必要です」(堀江さん)

極端な炭水化物の制限には要注意

炭水化物の制限と体の不調の関係
カッコ内の人数は、今回のアンケートで「食事における炭水化物の制限」についてそれぞれ「極力食べない」「少なめにしている」「していない」と答えた人の数。
[画像のクリックで拡大表示]

 最後に、食事や栄養と不調の関係です。とくに気をつけたいのが炭水化物。炭水化物制限ダイエットの人気から、食事ではご飯やパン、パスタなどを控える人もいます。今回の調査では、炭水化物を「極力食べない」と答えた人は、うつっぽさ、ED、イライラ、集中力が続かないなどの傾向が強く見られました。

 実は、極端な炭水化物の制限も男性ホルモンの低下につながる可能性があります。「ダイエットするならロカボ(ゆるやかな糖質制限)のほうがいいでしょう。それも、朝はしっかり食べて、昼に主食を減らすのがお勧めです」(堀江さん)。朝はインスリンが出やすいので糖質が素早くエネルギーとして使われるそうです。

 体の不調を感じるようになったら、男性ホルモンを増やすような生活を心がけることが大切です。「例えば、筋肉に負荷がかかる運動をすると男性ホルモンが増えるのですが、エネルギーとなる糖質がないと分泌量が減ってしまいます。分泌量を減らさない、そして太らないという両面を狙うのであれば、朝食に炭水化物をとる必要があるのです」と堀江さんは語ります。

 このほかにも、男性ホルモンを意識して生活を変えることで不調を吹き飛ばすための方法を特集では解説しています。ぜひお読みください。

日経グッデイ春割キャンペーン