日経グッデイ

Gooday調査

あなたの運動の負荷、頻度は十分ですか?

日経Gooday読者アンケート「運動習慣」に関する調査

 日経Gooday編集部

「運動習慣がある」という人は、病気の予防や運動不足の解消を目的に運動しているものの、運動時間の確保や、運動メニュー選びで悩んでいることが、日経Goodayの読者アンケートからわかりました。フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんに運動のコツを聞く特集「運動してるつもり解消講座」と併せてお読みください。

「ウォーキング」の習慣がある人は6割超!

画像はイメージ(c)oneblink-123RF

【調査の概要】

  • 手法 インターネットによるアンケート調査
  • 調査期間 2019年3月7日~27日
  • 回答数 179

 アンケートでは、運動習慣のある日経Gooday読者179人が回答しました。年齢層は40代~60代が多く、40代が16%、50代が30%、60代が34%を占めました。男女比はおよそ8:2でした。

運動習慣がある人が回答した運動の内容(複数回答可)
「運動習慣がある」と答えた179人に、その運動の内容を聞いたところ、21.4%が「通勤時にひと駅分歩く、犬の散歩時に歩く」と回答した(複数回答可)。
[画像のクリックで拡大表示]

 運動習慣がある人が回答した運動の内容としては、「ウォーキングなどの軽い有酸素運動」が最も多く、6割を超えていました。それに、「ストレッチ」(42.2%)、「腕立て腹筋などの自重を使った筋力トレーニング」(41.0%)、「ジムでマシンなどを使った筋力トレーニング」(22.5%)と続いています。

 「通勤時にひと駅分歩く、犬の散歩時に歩く」と回答している人が2割以上いますが、これについてフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは、「ひと駅歩いても、日常生活とあまり負荷が変わらないので、運動の成果はなかなか出ないでしょう」と指摘します(詳しくは「『1日1万歩』『軽い筋トレ』を続けても成果は出ない理由」を参照)。

病気の予防、症状の改善を目的に運動する人は多い

 運動する目的についても聞いてみました。「なるべく健康でいたい、健康寿命を延ばしたい」と答えた人が最も多く7割を超え、それに「体がなまらないように、運動不足にならないようにしたい」(60.3%)、「生活習慣病などの病気のリスクを下げたり、予防したい」(50.3%)と続きます。

運動する目的(複数回答可)
[画像のクリックで拡大表示]

 多くの人が、病気になる前に運動習慣を身につけ、予防に生かしているのに対し、すでに病気になってしまった人、あるいは、医師から「運動しなさい」と指摘された人もいます。「健康診断などで医師から『運動しなさい』と言われた」と答えた人は10.6%、「病気を改善したり、進行を遅らせたい」と答えた人は6.7%いました。

 例えば、生活習慣病の予防や対策でも、有酸素運動や筋力トレーニングが推奨されています。具体的に、どのような運動をどれぐらいの頻度で行えばいいのかについては、特集記事「『1カ月で3kg減量』は失敗? まず筋肉を増やすのが近道」も参考にしてください。

最大の悩みは「運動の頻度」

 運動に関する悩みについて聞いたところ、最も多かった答えが「運動の頻度を上げたいが、できない」(24%)でした。多くの人が、仕事などが忙しくて、運動の時間を確保しづらいと考えていることがわかりました。

運動に関する悩み(複数回答可)
[画像のクリックで拡大表示]

 それに続いて、「運動すると痛くなる体の部分がある」(21.2%)、「運動を続けているが成果が実感できない」(12.8%)、「どのようなメニューをやればいいのかわからない」(12.3%)などの悩みを挙げる人が多くいました。運動習慣があるものの、成果が実感できない人、運動メニューが正しいかどうか自信がない人も少なくないことがわかりました。

「週1回程度」の運動では効果なし?

 運動の頻度についてもう少し掘り下げてみましょう。「ウォーキングなどの軽い有酸素運動」をやっていると答えた人の運動の頻度は、「ほぼ毎日」の人が53.7%、「週に2~3回」が31.5%、「週1回程度」が12%でした。

「ウォーキングなどの軽い有酸素運動」をやっている人の運動の頻度
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、「ジョギング」をやっていると答えた人の運動の頻度は、「ほぼ毎日」の人が24.2%、「週に2~3回」が45.5%、「週1回程度」が24.2%でした。

「ジョギング」をやっている人の運動の頻度
[画像のクリックで拡大表示]

 ウォーキングのように、手軽に行える運動は、「ほぼ毎日」続けている人が多いものの、ジョギングになるとハードルが少し上がり、「週に2~3回」という人が増え、「週1回程度」の人も24.2%になります。果たして、このような頻度で成果は出るでしょうか?

 例えば、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」では、「運動習慣のある人」を、1回30分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上継続している人としています。また、日本糖尿病学会の定める「糖尿病診療ガイドライン2016」では、「できれば毎日、少なくとも週に3~5回、強度が中等度の有酸素運動を20~60分行い、計150分以上運動することが一般的には勧められる」と書かれています。

 つまり、週1回程度ジョギングなどの有酸素運動を行っただけでは、健康のためには不十分なのかもしれません。平日は仕事などで忙しく運動の時間が確保できないという人は多いかもしれませんが、中野さんは「その意識を変えることが、成果を出すために必要です」と力説します(参考「有酸素運動の前に筋トレすると脂肪の燃焼がアップ!」)。

 ぜひ、楽しみながら、運動を通じて健康になりましょう!