日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday調査  > あなたの運動の負荷、頻度は十分ですか?  > 3ページ
印刷

Gooday調査

あなたの運動の負荷、頻度は十分ですか?

日経Gooday読者アンケート「運動習慣」に関する調査

 日経Gooday編集部

「週1回程度」の運動では効果なし?

 運動の頻度についてもう少し掘り下げてみましょう。「ウォーキングなどの軽い有酸素運動」をやっていると答えた人の運動の頻度は、「ほぼ毎日」の人が53.7%、「週に2~3回」が31.5%、「週1回程度」が12%でした。

「ウォーキングなどの軽い有酸素運動」をやっている人の運動の頻度
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、「ジョギング」をやっていると答えた人の運動の頻度は、「ほぼ毎日」の人が24.2%、「週に2~3回」が45.5%、「週1回程度」が24.2%でした。

「ジョギング」をやっている人の運動の頻度
[画像のクリックで拡大表示]

 ウォーキングのように、手軽に行える運動は、「ほぼ毎日」続けている人が多いものの、ジョギングになるとハードルが少し上がり、「週に2~3回」という人が増え、「週1回程度」の人も24.2%になります。果たして、このような頻度で成果は出るでしょうか?

 例えば、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」では、「運動習慣のある人」を、1回30分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上継続している人としています。また、日本糖尿病学会の定める「糖尿病診療ガイドライン2016」では、「できれば毎日、少なくとも週に3~5回、強度が中等度の有酸素運動を20~60分行い、計150分以上運動することが一般的には勧められる」と書かれています。

 つまり、週1回程度ジョギングなどの有酸素運動を行っただけでは、健康のためには不十分なのかもしれません。平日は仕事などで忙しく運動の時間が確保できないという人は多いかもしれませんが、中野さんは「その意識を変えることが、成果を出すために必要です」と力説します(参考「有酸素運動の前に筋トレすると脂肪の燃焼がアップ!」)。

 ぜひ、楽しみながら、運動を通じて健康になりましょう!

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.