日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 5000人研究で判明!代謝を上げ病気を予防するウォーキングの黄金律
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

5000人研究で判明!代謝を上げ病気を予防するウォーキングの黄金律

中強度の運動で筋肉量を増やせば、病気の予防につながる

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

 これまで代謝アップや血液力アップの大切さや、その実現のため日常生活の中でできるスモールチェンジ(細切れに立ち歩く入浴中のストレッチなど)の大切さについて述べてきたが、「ウォーキング」も代謝アップに有効な活動の一つ。30~40代を過ぎたら、ぜひ取り入れたい習慣だ。東京都健康長寿医療センター研究所の青栁幸利さんは15年以上にわたり、群馬県中之条町の65歳以上の住民5000人を対象に、身体活動と健康に関する調査研究を行ってきた。この「中之条研究」の結果、健康のために効果的な運動の法則が分かってきたという。その法則について青栁さんに話を聞いた。

メリットが大きく
リスクが少ないのが「8000歩・中強度運動20分」

活動量計をつけると、運動の量(歩数)だけでなく質(強度)もわかる。(©Andrew Haddon -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 健康にいい運動法とは何か。ずばり、結論から言うと「1日8000歩・(そのうち)中強度の運動20分」だと東京都健康長寿医療センター研究所の青栁幸利さん。青栁さんは群馬県中之条町で15年以上にわたり実施してきた研究において、対象者に活動量計をつけてもらい、24時間の身体活動の実態を分析した。その結果みえてきた黄金律が、「1日8000歩・中強度の運動20分」だという。

 活動量計は歩数計(万歩計)と似ているが、測定できることが違う。歩数計は歩数を測るだけなのに対し、活動量計は歩数に加え、運動強度を測定することができる。つまり、活動量計では運動の量(歩数)と、質(強度)が分かるのだ。中強度の運動とは、うっすら汗ばむ程度の速歩きや、ぞうきんがけ、ラジオ体操など、「“なんとか会話はできるが、歌は歌えない”くらいの運動」(青栁さん)を指す。

 下の図1は、青栁さんが中之条研究で実証した「身体活動と予防できる病気の関係」を示したものだ。

図1 身体活動(歩数・中強度運動の時間)と予防できる病気の関係
青栁幸利著『目からウロコの知識レット・基礎編:「中之条研究」で実証された健康長寿の実現に最適な日常身体活動の量と質』(ノーブル・プレス、2011)、青栁幸利編著『身体活動計を用いた、新しい健康づくり~群馬県中之条町での取り組み~』(日本医療企画、2007)を参考に作図
[画像のクリックで拡大表示]
図2 運動の強度の目安
[画像のクリックで拡大表示]

 図1のそれぞれの歩数・中強度の時間をクリアすると、そのライン上に書かれた病気の発症率がおおむね10分の1になるという(運動の強度については図2を参照ください)。

 例えば、「7000歩・中強度の運動15分」を続ければ、骨粗しょう症はおおむね予防できるということ。中之条町で骨粗しょう症になった人の身体活動の実態を調べたところ、骨粗しょう症になった人の9割以上は「7000歩・中強度の運動15分未満」で、「7000歩・中強度の運動15分以上」の人は数えるほどしかいなかった。

 一つひとつの病気について同じように身体活動との関連を調べた結果、導き出されたのが図1で示した内容だ。

「運動はすればするほど体にいい」とは限らない

 「運動はすればするほど体にいいと思っている人は多い。確かに、ある程度まではそう言えるのですが、運動による健康効果は1万2000歩・40分が頭打ち。つまり、それ以上やっても予防できる病気はなかったということです」(青栁さん)

 それどころか、「8000歩・20分」を超えると、運動しすぎによる弊害が出てきやすくなる、と青栁さんは指摘する。例えば、運動をしすぎると膝関節を傷めやすくなることが知られている。

 「適度な運動は血流を促し、動脈硬化の予防につながりますが、運動をしすぎると、血流が速い状態が長時間続いたり、活性酸素が多く発生することにより、血管を傷めることにもつながるのです」(青栁さん)

 また、「1日8000歩を超えると、疲れがたまって免疫機能が下がりやすくなることも分かりました。過ぎたるは及ばざるがごとしといいますが、長い目で見るとやりすぎはマイナスです」(青栁さん)

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.