日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 新陳代謝を担う「血液力」の差で、見た目はここまで変わる!  > 4ページ

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

新陳代謝を担う「血液力」の差で、見た目はここまで変わる!

「この秋冬こそ、肌の乾燥や冷えを何とかしたい」という人は必見!

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

朝食抜き、主食抜き、高血圧、運動不足の人は要注意

 「メタボリックシンドロームの基準となる血圧、脂質(中性脂肪やコレステロール)、血糖が基準値を外れている人は、血液力の低下が疑われます。なかでも、食べることは【1】の血液の成分と深く関わっています。とくに、脂質、糖質をとりすぎている人は注意が必要です」(福田さん)

 脂質、糖質のとりすぎというと、量をたくさん食べる人を思い浮かべるが、必ずしも、食べすぎばかりが問題になるわけではないという。

 「朝食抜き、昼食はコンビニのサンドイッチ、夜はビールとつまみをちょっと食べる程度、という人は案外多いものです。こういった食生活だと、まず、血液をつくるもとになる肉類や血液力を上げるビタミンも、食物繊維もほとんどとれません。また、ダイエット目的で主食を食べない人がいますが、米を食べないと満腹感が得られないため、その他の脂ものやおやつなどのとりすぎにつながりやすく、結果的に脂質、糖質に偏った食事になりがちです」(福田さん)

 米は満腹感を得やすく油をほとんど含まないため、適量をとったほうが、食事のバランスがとりやすくなるのだという。

 「【2】の血管を若々しく保つためには、高血圧を放置しないことが大切です。また、【3】の血流を促すためには、運動をすることやタバコを吸わないことがポイントになります」(福田さん)

リラックス上手は血液力が高い

 「血流を促すポイントは、もう一つあります。それは、リラックス上手になることです」(福田さん)

 私たちの血管を拡張・収縮させているものの一つが自律神経だ。自律神経には交感神経と副交感神経の2つがある。緊張しているときは交感神経が優位で、血管は収縮して血圧が上がる。一方、リラックスしているときは副交感神経が優位で、血管は拡張して血圧が下がる。

 「この2つのバランスがとれているのが理想的な状態ですが、現代人は慢性的な忙しさやストレスが積み重なり、交感神経が優位になりがちです。すると、血管が収縮した状態が続き、血流が悪くなってしまいます。ゆっくり入浴したり、ゆったりお茶の時間を楽しんだりと、自分なりのリラックス法を持つといいでしょう」(福田さん)

 花王・ヘルスビューティ研究所が行った研究でも、血流の調節能力と、ストレスの感じ方には相関関係があることが確認された。

 下のグラフは、15℃の冷水に1分間手をつけ、引き上げた直後と10分後の指先の皮膚温度を調べ、皮膚温度の回復率が高い人(=血流の増減の調節能力が高い人)、皮膚温度の回復率が低い人(=血流の増減の調節能力が低い人)に分けて、心身の状態との関連を調べたものだ。

 「私たちの体内の血液の流れは、常に一定というわけではありません。研究の結果、外部環境の変化に応じて血流を増減する調節能力の高い人は、ストレスが少なく、肌荒れのほか、冷え、血行不良、疲れやすさなどの体調の悩みも少ないことがわかりました」(花王・開発研究第一セクター・ヘルスビューティ研究所 棚橋昌則さん)

女性37人(30代18人、50代19人)を血流調節力の高い人(N=14人)、低い人(N=23人)で2群に分け、ストレス度(*1)と体調の悩み(冷え症、血行不良、睡眠の質、疲れやすさなど)の意識(*2)を調査。血流調節力が高い人はストレス度も体調の悩み意識も低いことがわかった。※花王調べ
[画像のクリックで拡大表示]
上と同じ女性37人に対し、夏季、冬季の各1回ずつ皮膚性状(頬、前腕、すねの鱗屑〔りんせつ、*3〕の状態)を測定。血流調節力の高い人、低い人で2群に分け、皮膚性状の季節変化を比較検討した結果、血流調節力が高い人は冬季に鱗屑ができにくかったのに対し、血流調節力が低い人は冬季に鱗屑が悪化しやすことがわかった。※International Journal of Dermatology (accepted)
[画像のクリックで拡大表示]

 このデータを見ると、血流を調節する力は、美肌や心身の健康と深く結びついているらしいことがよくわかる。次回は、寒くなる季節に悩みが増す「冷え」と、血流を調節してその冷え防止を助ける上手な入浴法について紹介する。

*1 ストレス度は、1980年に日本大学の村上氏と桂氏が開発したストレスチェックリスト(SCL)で判定。得点が高いほどストレス度が高い。
*2 体調悩み意識は、それぞれの体調の悩みについて「そう思う」から「そう思わない」までの4段階と「どちらともいえない」を併せた計5段階で答えてもらった。悩みに該当する割合は「そう思う」「ややそう思う」と答えた人の合計の割合。
*3 鱗屑(りんせつ)とは皮膚表層の角化が不完全な状態で角層がはがれ落ちることで、この状態が悪化すると、肌が白く粉をふいたような状態、あるいは角質がめくれあがったような状態になる。鱗屑スコアとは、鱗屑がないものから極めて進行した状態までを5段階で評価したもの。
福田千晶(ふくだ ちあき)さん
医師・医学博士・健康科学アドバイザー
福田千晶(ふくだ ちあき)さん 慶応義塾大学医学部卒業。医師として東京慈恵会医科大学病院勤務を経て、1996年より健康科学アドバイザーとして執筆、講演、テレビ・ラジオ番組などで活躍している。日本リハビリテーション医学会専門医、日本東洋医学会漢方専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本医師会認定健康産業医、日本体力医学会健康科学アドバイザー、ウーマンウエルネス研究会研究員を務める。著書に『サラサラきれいな血液になるために―いつまでも若くある秘訣』(光文社)など。
棚橋昌則(たなはし まさのり)さん
花王・開発研究第一セクター・ヘルスビューティ研究所 上席主任研究員
棚橋昌則(たなはし まさのり)さん 1986年岐阜大学農学研究科農芸化学専攻修士課程修了、同年花王入社。約20年間のスキンケア商品開発研究(主にソフィーナ、エスト)の後、約10年間にわたり、肌の実態調査研究や、美容施術、血流改善の美容価値研究などを担当。入社以来、女性の美肌の実現に向けた業務に携わっている。

先頭へ

前へ

4/4 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.