女性37人(30代18人、50代19人)を血流調節力の高い人(N=14人)、低い人(N=23人)で2群に分け、ストレス度(*1)と体調の悩み(冷え症、血行不良、睡眠の質、疲れやすさなど)の意識(*2)を調査。血流調節力が高い人はストレス度も体調の悩み意識も低いことがわかった。※花王調べ

記事に戻る