日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 新陳代謝を担う「血液力」の差で、見た目はここまで変わる!  > 2ページ目
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

新陳代謝を担う「血液力」の差で、見た目はここまで変わる!

「この秋冬こそ、肌の乾燥や冷えを何とかしたい」という人は必見!

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

若く見える人は“血液力”が高い

 福田さんは、この「血流」に、「血液」「血管」を合わせた“血液のトータルな力”のことを「血液力」と呼び、それが私たちの健康や見た目に大きく影響していると話す。

■「血液力」を決める3つの要素
 【1】血液~血液の濃度と質のバランスがいいかどうか
 【2】血管~血管に弾力性があり、血管壁が丈夫で詰まりがないかどうか
 【3】血流~血流が正常でスムーズかどうか
[画像のクリックで拡大表示]

 【1】の血液の濃度・質には、血液中の成分が関わる。

 血液を構成しているのは、赤血球、白血球、血小板のほか、血中脂質(コレステロールや中性脂肪など)、たんぱく質、血糖(ブドウ糖)、ミネラル、水分が主なものだが、このうち、とくに血中脂質と血糖の量が血液の濃度と質を左右するという。

 「血液中にLDLコレステロール、中性脂肪、ブドウ糖が増えすぎると、血液の濃度が増してネバネバ、ドロドロになってしまいます。すると、血流が滞ったり、血管の壁に傷をつけたり、過剰になったLDLコレステロールが血管壁に入り込んで詰まったりして、血流と血管にも悪影響が出ます。一方、血液が薄くてサラサラしすぎてもよくありません。血液中の赤血球やヘモグロビン量などが不足すると貧血の原因になります」(福田さん)

 【2】の「血管」は血管の弾力性や、血管壁の状態に関すること。血管はよくゴムホースに例えられる。新しいホースは弾力性と柔軟性に富み、外側も内側もツルツルで水を勢いよく通すが、古くなると硬くなり、内側は水垢などがたまってデコボコになり、水の通りが悪くなる。それが進むと、穴があいたり破れたりする。

 「血管も老化すると弾力性が失われ、血管壁に血液中の余分なLDLコレステロールなどが入り込んで詰まります。すると、その部分の血管の内側が狭くなり、血流が悪くなります。血管の老化がさらに進むと、一部が詰まったり破裂したりして、脳卒中や心筋梗塞を引き起こします。血管の老化を進ませる主な原因は、血管に必要以上の圧力がかかり続ける高血圧です」(福田さん)

 【3】の「血流」については、この記事の前半で解説した通り。「全身に張り巡らされた血管内を血液が勢いよく流れていれば、各細胞への酸素と栄養の運搬や、二酸化炭素や老廃物の回収がスムーズになるので、新陳代謝が活発になり、細胞の活動も盛んになります。逆に、血流が滞っていると、新陳代謝や細胞の活動が低下するため、冷えが現れたり、免疫力が落ちて病気になりやすくなったりします」(福田さん)。

 「血液」「血管」「血流」――この3つは相互に関わり合っていて、どれか1つが悪くてもトータルの血液力は落ちてしまうという。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.