日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 新陳代謝を担う「血液力」の差で、見た目はここまで変わる!
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

新陳代謝を担う「血液力」の差で、見た目はここまで変わる!

「この秋冬こそ、肌の乾燥や冷えを何とかしたい」という人は必見!

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

 本シリーズでは、代謝アップのコツをお届けしている。代謝というとダイエットの話だと思いがちだが、実は美容やアンチエイジングにも大きく関わっていることをご存じだろうか? ダイエットに関係するのは食べたものをエネルギーに変換する「エネルギー代謝」だが、今回は主に、細胞を新しく作り替える「新陳代謝」について考えたい。
 医師で医学博士の福田千晶さんらよると、新陳代謝を活発にするカギは「血液」にあるそうだが、血液を理想的な状態にするには、日ごろからどんなことを心がければいいのだろうか? 血液力とは何かや、そのパワーを高めるコツを今月、来月と2回に分けて紹介する。「この秋冬こそ、肌の乾燥や冷えをはじめとする体調不良をどうにかしたい」という人は必見だ。

スムーズな新陳代謝のカギは血液

秋冬になると目立ってくる肌荒れなどの悩みも、新陳代謝が関係している(©Katarzyna Bialasiewicz 123-rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 「新陳代謝」を辞書でひくと、“新しいものが古いものにとってかわること”と出ている。私たちの体の新陳代謝は具体的には、どんなふうに行われているのだろうか。

 「私たちの体の細胞は、常に新しいものに作り替えられています。その際、頬の皮膚なら頬の皮膚、ふくらはぎの筋肉組織ならふくらはぎの筋肉組織と、部位ごとに同じものが作られるようにプログラミングされています。しかし、材料が悪かったり足りなかったりすると、質の悪いものができてしまいます。皮膚の場合、カサカサの肌、シワが多い肌、弾力性がない肌などになってしまいます」(医師・医学博士・健康科学アドバイザーの福田千晶さん)

 福田さんによると、細胞の新陳代謝の際、材料となる血液の中に活性酸素や毒素が混じっていたり、皮膚の場合は紫外線を浴びるなど、さらに悪い条件が重なると、これまでと違う細胞が作られてしまうこともあるという。このコピーミスが繰り返されたものが、がん細胞だ。

 つまり、老化やがんを防ぐためには、細胞にいかにいい材料を届けるかがポイントとなる。そこで注目したいのが「血液」だ。なぜなら、細胞に新陳代謝の材料である酸素や栄養を運んでいるのは、血液だからだ。

 「すべての細胞は、血液によって酸素や栄養が運ばれることで活動できます。また、血液は細胞が排出した二酸化炭素や老廃物を回収します。つまり、血液の働きがよくなければ、新陳代謝は滞り、いい細胞を作り出すことはできなくなってしまうのです」(福田さん)

 福田さんは、私たちの体を都市に、血液をライフラインに例えて説明してくれた。

 都市が機能するには電気、ガス、水道などが必要だ。また、電話やインターネットが通じ、道路や鉄道が機能していれば、情報や人、物の出入りがスムーズで都市は活性化する。こうしたライフラインが断たれてしまうと都市の機能は破綻してしまう。

 「ライフラインが断たれるということは、人体でいえば、血管が詰まる、あるいは破裂して、細胞に酸素や栄養を運ぶ血流が断たれることを意味します。こうなると、そこから先の細胞は死んでしまい、活動のための機能を維持できなくなってしまいます。そこまでいかなくても、血流が悪くなれば、そこから先はうまく機能しなくなります」(福田さん)

 すると、見えるところでは、肌、髪、爪のトラブルや肥満、見えないところでは、冷え、肩こり、腰痛、イライラなどの不調が現れると、福田さんは話す。「これらを放置していると、老化が進んだり、生活習慣病を呼びよせることになります」。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.