日経Gooday TOP  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > メタボ健診データで判明! 職業別なりやすい病気と対処法  > 5ページ目

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

メタボ健診データで判明! 職業別なりやすい病気と対処法

朝食抜き、座りっぱなし…、その働き方が仕事力低下と病気を招く

 村山真由美=フリーランスエディター・ライター

【C】ものづくり系の仕事
(©wang SHIH-WEi 123-rf)
(©wang SHIH-WEi 123-rf)

▶工場のラインや作業現場で、体を使って作業することが多い。勤務時間は比較的一定。

▶例:製造業、建設業(管理者は除く)など

◆職業的な特徴や陥りやすいパターン

  • 高カロリー、高塩分の食事を好む傾向にあり、ガッツリ系の食事になりやすい。同僚がたくさん食べることでつられて食べやすいということも。また、工場内の社員食堂は揚げ物や丼物など、ボリュームのあるメニューが用意されていることが多く、環境的な要因もあって若いうちから肥満、高血圧になりやすい。

◆健康リスク ……肥満、高血圧など

◆生活習慣見直しのヒント

  • ラーメン+ぎょうざのような炭水化物の重ね食いをやめる
  • 弁当を食べるときは、野菜の惣菜をプラスし、それから食べる。ごはんの食べ過ぎを防ぐとともに栄養バランスがよくなり代謝がアップ。
  • 社員食堂のメニューを再考し、野菜がとれる定食を増やしたところ、従業員の健診数値が改善した事例もある。
【D】夜勤や交代制勤務の仕事
(©Katarzyna Bia??asiewicz 123-rf)
(©Katarzyna Bia??asiewicz 123-rf)

▶夜勤を含め、交代制勤務のある業種。また、仕事が始まると長時間になる職種でもある。

▶例:警備、運輸業、医療・介護職など


◆職業的な特徴や陥りやすいパターン

  • 生活リズムが作りにくく、食事時間が不規則。夜勤明けに食事をしたり酒を飲んだりしたあとすぐに寝ることで、肥満や脂肪肝になりやすい。

◆健康リスク ……肥満、脂肪肝など

◆生活習慣見直しのヒント

  • 勤務が長時間にわたるときは分食をする。寝る直前にドカ食いをすると胃腸に負担がかかり、コレステロール値が上がってしまうので、職場でおにぎりやサンドイッチなどの軽食をとっておき、帰宅後はおかずをメインにする。
  • 夜勤明けは食事前に入浴する。入浴後、深部体温が下がってくると、副交感神経が優位になり眠りやすい。先に食事や飲酒をすると、入浴せずに寝てしまいやすく、睡眠の質や代謝も悪くなってしまう。
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.