日経Gooday TOP  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > メタボ健診データで判明! 職業別なりやすい病気と対処法  > 3ページ目

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

メタボ健診データで判明! 職業別なりやすい病気と対処法

朝食抜き、座りっぱなし…、その働き方が仕事力低下と病気を招く

 村山真由美=フリーランスエディター・ライター

「寝食忘れて働く」はナンセンス

 なぜなら私たちが活動するためには、エネルギーが必要だからだ。「作り出すエネルギーの総量が少ないと、エネルギーは生きるために必要最低限の、心臓の拍動や呼吸などに使われてしまい、脳には届きません。脳は体の中でも最も多くのエネルギーを必要とします。エネルギーが足りないと創造力が低下し、仕事に悪影響を及ぼします。ですから、コンスタントに食事をすることはとても大事なのです」(古井さん)

 かつて日本の企業では、「寝食忘れてがむしゃらに働く」ことが、“美徳”とされてきた。しかし、こうした働き方は体調不良や病気を招くだけでなく、仕事のパフォーマンスも低下させる。

 「社員の健康づくりに投資すると、生産性や創造性が高まり、企業にとってメリットがあることが分かってきました。そこで、健康づくりをスキルアップのひとつとし、クリアしたらインセンティブを与える企業も出てきています」(古井さん)。

 ある金融系の企業では、健康に関するプログラムを受けて自らの健康マネジメントをすると、給料が上がる(管理職対象)という仕組みを導入している。他のスキルを磨くのと同様、仕事に必要な技術を評価するのだという。

 先進的な企業では、社員の健康はもはやビジネス戦略の一つとしてとらえられているのだ。

職業別“陥りやすい罠”を知り、代謝アップを目指そう

 話をメタボや生活習慣病に戻すと、まず「朝食抜き」はどの職業にも共通してよくない習慣であることは分かった。それ以外に、具体的にどんなことに気を付ければいいのだろうか。

 これまでの特定健康診査、特定保健指導で蓄積されたデータを解析した結果、職業別でなりやすい病気が異なることが見えてきた。職業を事務系か非事務系か、また、自分で生活のリズムがつくりやすいか、そうでないかで分けると、おおまかに4パターンに分けられる(図1)。そのパターン別に、なりやすい病気とその対処法(生活習慣見直しのヒント)について解説しよう。生活習慣見直しのコツは、後で詳述する通り「スモールチェンジ」だ。

【図1】
【図1】
※古井祐司さん作成の図版を改編

【A】デスクワーク中心の仕事 ⇒ こちら
【B】顧客の都合優先の仕事 ⇒ こちら
【C】ものづくり系の仕事 ⇒ こちら
【D】夜勤や交代制勤務の仕事 ⇒ こちら

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.