日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > メタボ健診データで判明! 職業別なりやすい病気と対処法  > 2ページ目
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

メタボ健診データで判明! 職業別なりやすい病気と対処法

朝食抜き、座りっぱなし…、その働き方が仕事力低下と病気を招く

 村山真由美=フリーランスエディター・ライター

朝食抜きは基礎代謝の低下と血管系の病気を招く

牛乳1杯、バナナ1本でもいいから朝食は食べたほうがいい。(©serezniy 123-rf)
牛乳1杯、バナナ1本でもいいから朝食は食べたほうがいい。(©serezniy 123-rf)

 夕食を食べる時間が遅いため、朝は食欲がない、という人は多い。「食べ過ぎはメタボの原因になるので、朝食は抜いたほうがいいだろう」と考える人も意外に多いかもしれない。

 しかし、「朝食を抜いたり、不規則な時間に食事をする人の場合、そんなに量を食べなくても内臓脂肪がたまってしまうことがあります。それは、私たちの体の仕組みと関わっています」と古井さんは言う。量を食べないのに内臓脂肪がたまるとは、一体どういうことなのだろうか。

 体脂肪は脂肪細胞の集まりだ。脂肪細胞には、脂肪をため込む「白色脂肪細胞」と、脂肪を燃やして減らす「褐色脂肪細胞」がある(第1回「体脂肪を落とすカギは“代謝”!なかでも意識すべき『ニート』って何?」参照)。白色脂肪細胞には内部に脂肪をストックする袋があり、中性脂肪を蓄えて膨らむ。白色脂肪細胞は食べ過ぎによりエネルギーを取りすぎると、分裂して増えることも分かっている。この白色脂肪細胞は、食べ過ぎのときだけでなく、「食べなさ過ぎ」のときにも脂肪をため込もうとするのだ。

 「そもそもなぜ白色脂肪細胞が脂肪をため込むかというと、それは、かつて人類が飢餓を乗り切るために必要な機能だったからです。狩猟時代は、次にいつ食べられるか分かりません。食べられるときに食べて、体内にエネルギー源として脂肪を蓄える必要があったのです。つまり、食事を抜いたり、不規則な時間に食べると、体は、次はいつ食べられるか分からないと判断し、脂肪をため込もうとするのです」(古井さん)。

 また、内臓脂肪が増えるとおなかが出てくるだけではない。アディポネクチンという、体にとってよい働きをするホルモンの分泌も低下してしまう。

 「アディポネクチンには血管の汚れをきれいしにて傷を修復したり、インスリンの効きを良くして糖の代謝を助ける働きがあります。内臓脂肪が増えてアディポネクチンの働きが低下すると、血管の老化が進みます」(古井さん)

 つまり、朝食を抜くと、体が“脂肪ため込みモード”になり、基礎代謝が低下するだけでなく、血管の病気を招きやすくなるのだ。

 「毎日、旅館の朝食のようなメニューでなくてもいいんです。忙しい時は牛乳1杯、バナナ1本でも口にすること。内臓脂肪を増やさないようにするには、食べたものを脂肪としてため込まず、安心してエネルギーにしていいよ、と体とコミュニケーションをとり、代謝を上げることが大切です」(古井さん)

代謝アップは仕事のパフォーマンスアップにもつながる

 ちなみに、朝食を食べて基礎代謝を高めることは、仕事のパフォーマンスアップにもつながる、と古井さんは強調する。代謝アップ=ダイエットというイメージだが、それだけではないのだ。

 「代謝には主に2つの意味があります。簡単に言うと、1つは体にエネルギーを供給すること。もうひとつは細胞を作り替えることです。仕事においては、特に、前者が重要です」(古井さん)

 なぜなら…。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.