日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 体脂肪を落とすカギは“代謝”!なかでも意識すべき「ニート」って何?
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

体脂肪を落とすカギは“代謝”!なかでも意識すべき「ニート」って何?

効率良くやせたい人こそ知っておきたい“代謝”の秘密

 村山真由美=フリーエディター・ライター

ダイエットを話題にするとき、「代謝が落ちて太った」「代謝を上げてやせなきゃ!」などと言っていないだろうか。しかし、この“代謝”という言葉の意味を正しく説明できる人は少ないだろう。メタボ・肥満の解消や、体脂肪を落とすためにやるべきことは、食べる量を減らすことと運動量を増やすことだが、代謝について正しく理解すると効率よくやせられる可能性が高い。脂肪を落としたい人こそ代謝について勉強しておこう。なかでも特に意識したいのが「NEAT(ニート)」だが、それって一体何?

代謝とは?「エネルギー代謝」について知ろう

 代謝とは、私たちの体内で行われる全ての化学反応やエネルギー変換のことだ。具体的に言うと、食べたものから得た物質を消化・吸収して体内に取り込み、分解や合成によって、活動するのに必要な成分に変換することを指す。私たちがよく使う“代謝”は、エネルギー消費に関わる「エネルギー代謝」のことだ。

 エネルギー代謝には、おおまかにいうと、「基礎代謝」「身体活動時代謝」「食事誘発性熱産生(DIT:Diet Induced Thermogenesis)」の3つがある。

 「基礎代謝」は生命維持に使われるもので、1日のエネルギー消費の60~70%を占める。「身体活動時代謝」は、運動によるものと日常生活によるもの(非運動性身体活動時代謝)があり全体の20~30%、「食事誘発性熱産生(DIT)」は食べたものを消化・吸収するときに使われるもので約10%を占める。

◆1日のエネルギー消費量(目安)
[画像のクリックで拡大表示]

 一番割合が大きいのが基礎代謝だ。「基礎代謝は10代後半をピークに年齢とともに低下します。ですから、若いころと同じだけ食べていると太りやすくなります。基礎代謝が使われる主な場所は筋肉なので、運動で筋肉量の減少を防げば、基礎代謝の低下も防ぐことができます」(東京医科歯科大学臨床教授の宮崎滋さん)。

 しかし、忙しい毎日、筋トレをルーティンにするのはハードルが高いのも事実。そこで、注目したいのが身体活動時代謝だ。

 身体活動時代謝には、運動によるものと、生活活動によるもの(非運動性身体活動時代謝)がある。このうち、エネルギー消費に関わるものとして、多くの人が思い浮かべるのは、運動だろう。だが、運動を始めたのにやせない、かえって太ってしまった……という人は案外多いのではないだろうか。

 「エネルギー消費の代表は運動なのでは? と思っている方は多いようですが、実は運動によるエネルギー消費は皆さんが考えているほどには多くありません。毎日スポーツをしたり、何時間もジムで運動できるかというと、現実的ではないですからね。運動でやせるのは案外難しいということは知っておいたほうがいい。運動でやせたいなら、併せて食事の量を減らすことが大切です」(宮崎教授)

 運動をするとおなかがすく。爽快感もあってビールもおいしく感じられる。「今日は運動をしたからいいだろう」と、安心して食べたり飲んだりもしがちだ。その結果、摂取エネルギーが消費エネルギーを軽く超えてしまいがちなのだという。従って、運動で減量効果を上げるには、食事の面でも注意が必要だ。

 運動によるエネルギー代謝や基礎代謝を増やすのは案外ハードルが高いといえる中、最近最も注目されているのが、身体活動時代謝のうちの非運動性身体活動時代謝、NEAT(ニート)とも呼ばれるものだ。

◆これが注目の「NEAT(ニート)」だ!!
[画像のクリックで拡大表示]

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.