日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 体脂肪を落とすカギは“代謝”!なかでも意識すべき「ニート」って何?  > 4ページ目
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

体脂肪を落とすカギは“代謝”!なかでも意識すべき「ニート」って何?

効率良くやせたい人こそ知っておきたい“代謝”の秘密

 村山真由美=フリーエディター・ライター

ミトコンドリアが元気だと脂肪が燃える

 前述した通り、脂肪を消費させるには、まず、褐色脂肪細胞の働きを活性化させて「熱への変換」を進めることが大切だが、どんなに脂肪分解が進んでも、使われなければ消費されない。このときポイントになるのがミトコンドリアだ。

 「ミトコンドリアは私たちの細胞の中にある器官で、主な働きはエネルギーのもとを作ることです。なかでも重要なのは、熱を作っているということです」(宮崎教授)

 脂肪消費のプロセスで、消費と直接関わっているのはミトコンドリアだけだ。つまり、ミトコンドリアの働きが悪いと、せっかく分解された脂肪が「消えない」のだ。

ミトコンドリアの働きを活性化させる成分は?

 ミトコンドリアの働きを活性化させる成分としてよく知られているのがカルニチンだ。脂肪が分解されてできる遊離脂肪酸は、そのままではミトコンドリアの中には入れないが、カルニチンと結びつくと入れるようになる。羊肉がダイエットにいいといわれるのは、カルニチンを豊富に含み、脂肪のミトコンドリアへの取り込みをよくするためだ。

 また、「お茶に含まれるカテキンなどのポリフェノール類には抗酸化作用があり、褐色脂肪細胞だけでなくミトコンドリアの働きも活性化させるといわれています」(宮崎教授)

 茶カテキンには、ミトコンドリアの中で働く酵素の活性を高め、脂肪の消費を促進する働きがあるといわれているのだ。

【日常の身体活動時の脂肪消費効果】
【日常の身体活動時の脂肪消費効果】
Ota N. et al., J.Health Sci., 51, 233-236, 2005より作図
[画像のクリックで拡大表示]
【食事の脂肪消費効果】
【食事の脂肪消費効果】
Harada U. et al., J Health Sci., 51, 248-252,2005より作図
[画像のクリックで拡大表示]

 一口に「代謝を上げる」といっても、いろいろな側面からアプローチができることがお分かりいただけただろうか。ポイントをまとめると以下のようになる。

代謝を上げるポイント
  • 筋肉量の減少を防ぎ基礎代謝を上げる
  • 日常生活でこまめに動いてNEATを増やす
  • 褐色脂肪細胞とミトコンドリアを活性化させ脂肪を効率よく燃やす

 これらは、どれか一つをやるよりも、複合的に実践するのがおすすめだ。体型や体重が気になっている人は、賢く代謝を上げる工夫をしてみてはいかがだろうか。

宮崎滋(みやざきしげる)さん
公益財団法人結核予防会総合健診推進センター所長
東京医科歯科大学 臨床教授
宮崎滋(みやざきしげる)さん 1971年東京医科歯科大学医学部卒業。東京逓信病院内科部長、副院長を経て現職。専門は肥満症、糖尿病。日本内科学会 認定医・指導医、日本糖尿病学会 指導医・専門医、日本内分泌学会 指導医・専門医、日本肥満学会 指導医・専門医、日本病態栄養学会 NSTコーディネーター。主な著書に『メタボリックシンドローム教室―Q&Aでわかる療養指導』『健康診断で中性脂肪値が高めの人が読む本』『健康ダイエット-肥満が招く11の病気を防ぐ』などがある。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.