日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 体脂肪を落とすカギは“代謝”!なかでも意識すべき「ニート」って何?  > 2ページ目
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

体脂肪を落とすカギは“代謝”!なかでも意識すべき「ニート」って何?

効率良くやせたい人こそ知っておきたい“代謝”の秘密

 村山真由美=フリーエディター・ライター

肥満者と非肥満者のNEATの差は、1日当たりケーキ1個分!

 「NEAT(ニート)はnon-exercise activity thermogenesisの略で、運動以外の家事やオフィスワーク、立ち座りなどの日常生活活動による代謝を指します。特別な運動をしなくても、NEATを増やすと、肥満や糖尿病、メタボなどを防げることが分かってきました(※1)」(宮崎教授)

◆NEATは日常生活活動による代謝のこと
階段の上り下りやオフィスでの立ち座り、掃除や洗濯などの家事など、運動とは言えないほどの日常の生活活動による代謝を「NEAT」(ニート)と呼ぶ。
階段の上り下りやオフィスでの立ち座り、掃除や洗濯などの家事など、運動とは言えないほどの日常の生活活動による代謝を「NEAT」(ニート)と呼ぶ。
[画像のクリックで拡大表示]

 肥満者と非肥満者のNEATの差は1日350kcalだったという研究がある(※2)。350kcalはいちごのショートケーキ1個分のエネルギーに相当する。1週間で2450kcal、1カ月で1万500kcalと考えると意外と侮れない。

 また同じ研究で、肥満者は座っている時間が非肥満者より平均で164分長く、立っている時間が152分短かったことも報告されている。

 「乗用車やエレベーター、エスカレーター、携帯電話やインターネットなどの普及、家電製品の利便性の向上などで、現代人は昔に比べて動かなくなっています。つまり、日常生活が便利になった分、NEATは減ってしまったのです。できるだけ立つ、歩くようにするほか、動くときは意識してテキパキ、キビキビを心がけてNEATを増やしましょう」(宮崎教授)

 通勤の際、電車やバスは1駅前で降りて歩く、駅やオフィスではエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うといい。

 「歩くときは歩幅を5~10cm広げましょう。脚の裏側の筋肉が使われて消費エネルギー量がアップします。また、建物の中で移動する際、『上りは3階上まで、下りは4階下まではエレベーターではなく階段を使う』などと決めるのもおすすめです。早足にすれば、より消費エネルギーが上がります」(宮崎教授)

 肥満の人は、ソファに座ってテレビを見て、携帯電話を操作しながらお菓子を食べて、暑くなったらリモコンでエアコンをつけて…と必要なものを全て手の届く範囲に置き、動かなくていい状態を作っていることが多いもの。「こういったコックピットにいるかのような生活は肥満の元」と宮崎教授は指摘する。

 昔は、テレビは「付けに行く」もので、電話は「かけに行く」ものだった。便利になった現代では、こうしたちょっとした動きが失われているのだ。ちりも積もれば山となる。家の中では電化製品のリモコンは使わないようにして、あえて不便な生活にチャレンジしてみるなど、NEATを増やす工夫をしたい。

※1 厚生労働省(e-ヘルスネット)のアクティブガイド
※2 Levine JA, et al:Interindividual variation in posture allocation:possible role in human obesity. Science 307: 584-586,2005

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.