日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 短時間睡眠はなぜ「太りやすい」のか?  > 3ページ
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

短時間睡眠はなぜ「太りやすい」のか?

実験で分かった「睡眠不足」と「食欲」「代謝」の深い関係

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

よい睡眠は「時間帯」が重要

 短時間睡眠は肥満のリスクを高めることは分かった。では、実際にどのくらいの睡眠時間をとればいいかというと個人差や年代差も大きいが、厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針 2014」によると、夜間の睡眠時間は25歳で約7時間、45歳で約6時間半、65歳で約6時間だと分かっている。また、冒頭でも紹介した通り、睡眠時間が7~8時間の場合が最も肥満が少ないという研究もある。人にもよるが、6~8時間を目指すとよさそうだ。だが、諸事情で十分な睡眠時間が確保できない日もある。そういう場合はどうしたらいいのだろうか。

短時間しか眠れない場合は、早く寝て早く起きたほうがいい(c)Rommel Canlas-123rf

 「例えば、3時間しか寝られない場合、時間帯を調節できるのであれば、夜の3時に寝て6時に起きるよりも、夜11時に寝て夜2時に起きるほうが体のダメージは少ない可能性があります。なぜなら、夜11~2時の時間帯は、眠りを安定させるメラトニンの分泌が多い一方、活動に適したホルモンであるコルチゾールの分泌は少ないからです」(内田さん)

 つまり、同じ短時間睡眠なら、早く寝て早く起きるほうが睡眠の質がいいと考えられるのだという。

 これには、体内時計が密接に関わっている。私たちの体には1日周期でリズムを刻む体内時計が備わっている。これを概日リズム(サーカディアンリズム)という。

 「例えば深部体温。先ほどのグラフを見ると分かるように、私たちの体温は、朝から夕方にかけて上がり、夕方以降下がるという一定のリズムを持って変動しています。これは、起きていても寝ていても関係なく、朝になったら上がり、夕方以降に下がるというリズムを刻みます。深部体温のほかに、レム睡眠(浅い眠り)の出現や、睡眠と関係するホルモンの分泌量にも一定のリズムがあります」(内田さん)

 概日リズムと睡眠の関係について、一つずつ見ると次のようになる(図5)。

内田さん提供の資料をもとに日経Gooday編集部が作成
[画像のクリックで拡大表示]

体温

夜の12時ごろから徐々に下がり、朝9時ごろから上がる。「体温が下がるということは、夜は代謝を低下させて体を休めているということです」(内田さん)

レム睡眠(浅い眠り)

レム睡眠とノンレム睡眠は交互に現れて睡眠周期を形成するが、「深い眠りであるノンレム睡眠は寝始めに多く出現するのに対し、浅い眠りであるレム睡眠は明け方から午前中にかけて多く出現します。この明け方から午前中とは、睡眠後半という意味ではなく、その時間帯という意味です」(内田さん)

メラトニン

「メラトニンは眠りを誘う作用があり、睡眠を安定させる役割を果たすホルモンですが、夜中の2時から3時ごろをピークに分泌されます」(内田さん)

コルチゾール

「コルチゾールはストレスホルモンで、敵がやってきたときにそれに構えるような体内の状態を作ります。つまり、活動に適したホルモンですが、これは、明け方から午前中にかけて多く分泌されます」(内田さん)


 これらを見ると、夜11時ごろに寝て朝6時ごろに起きることは、自然な体のリズムにマッチしていることが分かる。

 「今回の実験の7時間睡眠はまさに夜11時~朝6時に行いました。一方、3.5時間睡眠は夜中の2時半に寝て6時に起きるというものでした。つまり、前半を断眠したということ。私たちが眠りにつくと、まずノンレム睡眠(深い眠り)が現れ、次にレム睡眠(浅い眠り)が現れます。夜中に寝ると、レム睡眠がピークになる明け方にノンレム睡眠が現れてしまうため、ノンレム睡眠が圧迫されて眠りの質が低下してしまいます」(内田さん)

 睡眠時間に適した時間帯に眠らないことは、自然な体のリズムに逆らうことだ。それが、体に悪影響を与えることは想像に難くない。

 近年、予防のジャンルではこの体のリズムに注目が集まっている。食事の場合、同じ食事内容でも、夜遅く食べると太りやすくなることが分かっている。(第10回「『そんなに食べていないのにやせない』人が、まずやるべきこと」参照)。睡眠も同様だ。短時間睡眠を含め、睡眠に適した時間に眠らないと太りやすくなるというわけだ。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.