日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 短時間睡眠はなぜ「太りやすい」のか?  > 2ページ目
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

短時間睡眠はなぜ「太りやすい」のか?

実験で分かった「睡眠不足」と「食欲」「代謝」の深い関係

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

[画像のクリックで拡大表示]

 続いては、睡眠時間の短縮と「深部体温」の関係を示すグラフ(図2)だ。

 「深部体温は、3.5時間睡眠の場合も7時間睡眠の場合も、夕方から夜にかけて徐々に下がり、朝から夕方にかけて上がるというリズムを描きましたが、3.5時間睡眠の翌日は、朝から夕方にかけての深部体温が低くなっていました。体温が低いということは、代謝が低い状態になっていたと考えられます」(日比さん)

 体温が低いと脂肪分解酵素であるリパーゼの働きが悪くなり、脂肪が燃えにくくなることが分かっている。

[画像のクリックで拡大表示]

 睡眠時間の短縮と「空腹感」の関係はどうだろうか(図3)。

 「3.5時間睡眠の翌日は空腹感が強い傾向にあり、特に寝る前が顕著でした。しかし、面白いことに、リカバリー睡眠後は差がなくなっていました」(日比さん)

 さらに、それぞれの睡眠を3回続けた後(4日目)の朝とリカバリー睡眠後(5日目)の朝に血液検査をしたところ、3.5時間睡眠後はPYYという食欲を抑制するホルモンの分泌量が減っていて、リカバリー睡眠後は元に戻っていることが分かった(図4)という。

花王提供のデータをもとに日経Gooday編集部が作成
[画像のクリックで拡大表示]
睡眠不足になると食欲抑制ホルモンの分泌が減り、食欲が増す(c)bowie15-123rf

 これらから分かることは、「短時間睡眠が続くと、その分活動時間が増えても代謝が落ちるため、1日のエネルギー消費量は通常睡眠(7時間睡眠)と変わらない。しかし、食欲抑制ホルモンの分泌が減るなどして『食欲が増す』ということです。つまり、睡眠不足はエネルギー摂取量に影響して体重を増やす方向に働くと考えられます」(内田さん)

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.