日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 若くても要注意のロコモ 合計30秒であなたの「動き年齢」をチェック
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

若くても要注意のロコモ 合計30秒であなたの「動き年齢」をチェック

「動き年齢」が実年齢を上回る人は、今すぐ運動を始めよう

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

 「運動しなきゃ…」と思っている人は多い。その理由は、体脂肪を減らすためだったり、血糖値、血圧、コレステロール値を下げるためだったりと、さまざまだろう。しかし、「ロコモティブシンドローム(ロコモ)を防ぐため」と答える人はおそらく少数派だ。ロコモとは日本整形外科学会によると「運動器の障害のために移動機能が低下した状態」を指す。それって高齢者の問題でしょ? と思った人は甘い。実は30代、40代でもロコモは人ごとではないという。そこで、介護予防のための体力維持に詳しい京都学園大学健康医療学部の木村みさか教授らに話を聞いた。

若くても人ごとではないロコモ

段差でつまずいたり、歩いていて足をぶつけたりしたことが何度かあるようなら、若くてもすでに「ロコモ」が始まっている可能性がある(©Konstantin Kamenetskiy-123rf)

 ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)は2007年に日本整形外科学会が発表した概念で、運動器(骨、関節、軟骨、椎間板、筋肉、神経)に障害が起こり、立つ、歩くといった機能が低下している状態をさす。これが進行すると、自立した生活ができなくなり、要介護のリスクが高くなるというものだ。

 足元がおぼつかなくなった高齢者がちょっとした段差でつまずいて骨折し、入院したらそのまま寝たきりになってしまった…。という話を身近で聞いたことはないだろうか。このように、寝たきりの原因が、実はロコモだったという例は非常に多いのだ。

 「高齢者にとって、転倒による骨折は命に関わります。まず、“転ばない”ということが大事ですが、そのためには、若いころから体をよく動かすことが大切です」(京都学園大学健康医療学部の木村みさか教授)。

 足の筋力は加齢によって衰えやすく、足を持ち上げる力が弱まると、ちょっとした段差につまずきやすくなる。だから、足の筋肉を鍛えることが重要だ、という話は以前もしたが(「『プラス10cm歩行』で、ウォーキング効果は格段に上がる」参照)、加齢による筋肉の衰え方には特徴があると木村教授。

 「筋肉には大きく分けると速筋繊維と遅筋繊維の2種類がありますが、高齢になると選択的に萎縮するのが速筋繊維です。速筋繊維は瞬発的な運動をするときに使う筋肉なので、萎縮すると速く動くことができなくなります。高齢者の動きがゆっくりしているのはこのため」(木村教授)。

 高齢者がつまずきやすい原因の1つは筋力低下だが、思ったように体が動かせなくなるのには、“筋肉と脳のつながり”も関係しているという。

 私たちが体を動かすとき、脳からの指令が神経を介して筋肉に伝わる。筋肉は筋繊維の束でできていて、一定の単位で1本の神経の支配を受けている。この1単位をモーターユニットというが、1つの指令でモーターユニットの筋繊維が多く動くほどよく動けるという。

 「筋肉を動かすと、筋肉が太くなるだけでなく、筋肉と神経とのつながりがよくなります。高齢者が転びやすいのは、筋肉が萎縮していることに加え、筋肉と神経のつながりが悪くなっているから。アッと思ったときに体勢を立て直したり、とっさに手足を出したりすることができなくなるのは、これが関係しています」(木村教授)

 ちょっとした段差でつまずくのはロコモの典型的な例だが、そこまでいかなくても、「家の中を歩いていてテーブルに足をよくぶつける」とか、「子どもの運動会で走ったら、気持ちだけが先走って前のめりに転んだ」など、“自分の思ったように体が動かせていない”と実感したことがある人は多いだろう。

 この状態、すでにロコモが始まっているのだそうだ。

「動き年齢」をチェックしてみよう

 学生時代、握力、前屈、反復横跳びなどの体力テストをやったのを覚えているだろうか。ああいったテストがあれば、自分の体力が同世代の他の人と比較してどうなのか、また、去年と比較してどうなのかなどが分かる。しかし、大人になると指標がない。「まだまだ自分は大丈夫」と思っているうちに、いつの間にか動けない体になっている場合が多いのだという。

 そこで花王は、木村教授の監修のもと、なるべく早い段階で自分のロコモ度をチェックできる「動き年齢」測定テストを開発した。「10秒足踏みテスト」と「20秒開閉テスト」という非常に簡単なものだ。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.