日経Gooday TOP  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 若くても要注意のロコモ 合計30秒であなたの「動き年齢」をチェック  > 3ページ目

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

若くても要注意のロコモ 合計30秒であなたの「動き年齢」をチェック

「動き年齢」が実年齢を上回る人は、今すぐ運動を始めよう

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

【図2】「10秒足踏みテスト」の結果早見表
※早見表の見方は図4をご参照ください
[画像のクリックで拡大表示]
【図3】「20秒開閉テスト」の結果早見表
※早見表の見方は図4をご参照ください
[画像のクリックで拡大表示]

40代後半の記者の「動き年齢」は60~70代!

 記者も実際にチャレンジしてみたところ、「10秒足踏みテスト」は65回、「20秒開閉テスト」は32回という結果だった。実年齢は40代後半なのに、結果はそれぞれ70代、60代と散々なものだった(図4)。

【図4】40代後半の記者の測定結果(10秒足踏みテスト=65回)は……
「10秒足踏みテスト」の記者(40代後半)の結果は65回。早見表と照らし合わせてみると「動き年齢」は実年齢よりずっと高い「70代」だと分かった。40代後半の場合、78~99回できないと、実年齢と動き年齢が一致しない
[画像のクリックで拡大表示]

 「特に、20秒開閉テストが難しかったのではないですか?」と花王開発研究第2セクター ヘルスケア食品研究所の柳沢佳子さん。

 確かに、「10秒足踏みテスト」は、できた数は少なかったものの難しいとは思わなかった。しかし、「20秒開閉テスト」はすぐに足がもつれてしまい、できない自分に衝撃を受けた。

 「10秒足踏みテストは歩く動作に似ていますが、20秒開閉テストは日常生活でやらない動きなので、普段使わない筋肉を使います。しかも、ラインを踏んではいけないなどの制約もあるため焦りますよね。実は、20秒開閉テストは若い世代でもできない人が多く、30代後半くらいになると“もっとできると思ったんだけど…”という人が増えます」(柳沢さん)

 実は、20秒開閉テストは、筋肉の衰えをみるだけでなく、筋肉と脳のつながりをみるテストでもあるのだという。「思うように体が動かせない=筋肉と脳のつながりが悪い」と考えられるのだそうだ。

「動き年齢」が実年齢より高い人はどうすればいい?

 記者のように、テストの結果が実年齢よりも上だった人はどうすればいいのだろうか。そう木村教授にたずねてみたところ、次のような答えが返ってきた。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.