日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 若くても要注意のロコモ 合計30秒であなたの「動き年齢」をチェック  > 4ページ目
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

若くても要注意のロコモ 合計30秒であなたの「動き年齢」をチェック

「動き年齢」が実年齢を上回る人は、今すぐ運動を始めよう

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

 「生活の中に、スクワットのような筋トレ的動作を入れたり、ときどきは速く動く。これがおすすめです」

 環境の変化への適応力や、病気への抵抗力といった「防御体力」に対して、人間が能動的に動くために必要な体力を「行動体力」というが、これには、筋力、敏しょう性、瞬発力、持久力、平衡感覚、柔軟性などが関わっているという。

 「多くの場合、筋力はその他の身体機能と関連しています。つまり、筋肉がしっかり付いて力を発揮できる人はその他の機能も維持されています。いくつになっても動ける体でいるためには、まず、年相応の筋力を維持することが大切です。また、素速い動きによって筋肉と脳のつながりがよくなります」(木村教授)

 京都府亀岡市や京都府などが進めている亀岡市の全高齢者を対象にした研究により、運動と介護予防には密接な関係があることが分かってきたと木村教授は言う。

 「運動を中心に、口腔ケア、食事を組み合わせた総合プログラムを約500名の対象者に3カ月間行い、その後1年間継続的に支援したところ、それらを行わなかった高齢者と比較して、その後の介護認定率や介護サービス利用額が大幅に下がったのです」(木村教授)

 この場合の運動は、今よりも1日当たり2000歩多く歩くことと、自分の体重を利用する簡単な筋トレ(レッグレイズ〔*1〕やスクワット)だったという。

 運動は何でもよく、先ほどの「10秒足踏みテスト」や「20秒開閉テスト」をやるのもいいそうだ。「2つとも体力としては敏しょう性を評価するテストです。毎日続けると動きに慣れてきますが、無意識に上手に動かせるようになるということは、筋肉と脳がよくつながったということです。家でテレビを見ているときや仕事の合間に机の下などでやってみてはいかがでしょうか」(柳沢さん)。こうした「スモールチェンジ」が、積み重なると後で大きく効いてくるというわけだ。

*1 レッグレイズは次のように行う。(1)椅子にやや浅く座って背もたれによりかかり、片足を伸ばしてかかとを少し浮かす。(2)3秒かけてひざを胸に引きつけ、3秒かけて伸ばし、伸ばしたまま1秒キープ。これを片足ずつ6~10回を2セット行う。(3)神経系の改善を図るため、可能な限り素速く行うパターンも10回・1セット行う

メタボが気になる人はロコモにも目を向けて

 代謝アップがテーマのこの連載では、主にメタボの予防・改善について解説してきた。メタボ撲滅のためには筋力アップがカギであることは、もう“耳にタコ”だろうが、筋力アップが重要な理由は、体脂肪が燃焼する主な場所が筋肉だから、筋肉を増やすと体脂肪が効率よく燃焼するからだ。

 しかし、筋肉を増やすことは、ロコモの改善にもなることを覚えておきたい。

 先ほど、「20秒開閉テスト」ができなくなるのは30代後半ごろからが多いと述べたが、これは、男性ではメタボのリスクが高まる年齢と一致している。つまり、メタボが気になるころにはロコモも気にしたほうがいいということだ。

 「人間は動物です。動物は文字通り“動く物”であり、体を動かすことが全ての機能を健全に保つための前提となっています。メタボもロコモも運動不足が原因。とにかく体を動かしましょう」(木村教授)

 私たちは「脂肪を減らす」ことばかりに目を向けがちだが、そのためにやることは「筋肉を増やすこと」だ。つまり、これらは表裏一体。「同じことなら、脂肪を減らすことを考えるよりも、筋肉を増やすことを考えるほうがポジティブですよね」と木村教授。

 前述の亀岡市の調査によると、高齢になっても運動習慣のある人は、若いころから運動習慣がある人が圧倒的に多かったという。今すぐ運動を始めて、高齢になっても動ける体を目指そう。

木村みさか(きむら・みさか)さん
京都学園大学 健康医療学部 健康スポーツ学科 教授、医学博士
木村みさか(きむら・みさか)さん 1972年京都教育大学教育専攻科修了。大阪体育大学、京都府立医科大学教授を経て、現職。専門分野は、応用健康科学(高齢者の体力・介護予防、運動と栄養、子どもの発育発達、外傷調査と外傷予防など)。
柳沢佳子(やなぎさわ・よしこ)さん
花王 開発研究第2セクター ヘルスケア食品研究所 博士(栄養学)、管理栄養士
柳沢佳子(やなぎさわ・よしこ)さん 1999年お茶の水女子大学大学院を経て、女子栄養大学、自治医科大学の博士研究員。2004年花王入社。内臓脂肪計の開発などヘルスケア関係の研究に従事。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.