日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦  > 「プラス10cm歩行」で、ウォーキング効果は格段に上がる  > 5ページ
印刷

メタボ・肥満解消に効果!「代謝アップ」大作戦

「プラス10cm歩行」で、ウォーキング効果は格段に上がる

記者の歩行年齢も「プラス10cm歩行」でマイナス7歳に!

 村山真由美=フリーエディタ―・ライター

正しい歩き方を「続ける」コツは?

 ただし、「歩き方を改善することは簡単なのですが、正しい歩き方を“続ける”ことは難しいんです」と、花王・開発研究第2セクター パーソナルヘルスケア研究所で歩行解析研究に携わる仁木佳文さんは言う。

 「筋力が低下している人が正しい歩き方をするのはラクではないため、すぐに元の歩き方に戻ってしまうのです。そこで、当社が自治体などと協力して行っている歩行測定会では、参加者に測定会のあと、活動量計(前回記事参照)をつけて毎日、歩行量と歩行速度をチェックするように促しています。そうして日々数値でチェックする習慣をつければ、日常的に正しい歩き方を意識できるようになることが分かりました」(仁木さん)

 筋肉が少ない人は、少ないなりにラクに移動できる歩き方をするという。それを放置すると、背中は丸く、歩幅は小刻みになり、広い歩隔で外股に歩く高齢者特有の歩き方になってしまう。歩き方には年齢が出る。いつまでも若々しい人と見られたいなら、ファッションやメイクで若づくりをするよりも、足の筋肉を強化してさっそうと歩けるようにしたほうがいいようだ。

歩行解析研究に携わる花王のプロジェクトメンバー。前列中央の男性が仁木さん
[画像のクリックで拡大表示]

 「例えば、歩幅が狭い人が歩幅を広くして歩き続けると疲れてしまいます。歩幅を広げて歩いたり、普通に歩いたりすることを交互に繰り返して、メリハリをつけて歩くといいかもしれません」(金さん)

 花王の歩行測定会は、同社が自治体や企業、高齢者施設などと組んで開催しているもので、個人で直接連絡して測定してもらうことはできないが、少なくとも「プラス10cm歩行」を実践すれば、ウォーキング効果が上がることは分かった。いつもの歩き方を「スモールチェンジ」して、代謝アップを図ろう

まとめ
散歩の際は、「プラス10cm」を意識!
2~3人で散歩をする場合は、思い出した人がその都度「プラス10cm!」と声を出して言うのもいいでしょう。
金 憲経(キム ホンギョン)さん
東京都健康長寿医療センター研究所 自立促進と介護予防研究チーム 研究部長 筋骨格系老化予防の促進 テーマリーダー
金 憲経(キム ホンギョン)さん 1984年慶北大学校(韓国)体育学部体育教育科卒業、1994年筑波大学大学院スポーツ科学研究科修了後、1996年同大学体育科学系講師就任。1998年より東京都老人総合研究所(現:東京都健康長寿医療センター)主任研究員を経て現職。体育科学博士。
仁木佳文(にき よしふみ)さん
花王・開発研究第2セクター パーソナルヘルスケア研究所 プロジェクトリーダー
仁木佳文(にき よしふみ)さん 1987年花王株式会社入社。サニタリー研究所にて乳幼児、高齢者向け商品開発を担当。現在パーソナルヘルスケア研究所にて歩行解析研究を中心とする健康ソリューション研究担当。

先頭へ

前へ

5/5 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.