日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 眠りの上達法  > パソコン作業型から交代制まで!働き方別 パフォーマンスを上げる眠りの極意
印刷

眠りの上達法

パソコン作業型から交代制まで!働き方別 パフォーマンスを上げる眠りの極意

睡眠のお悩みパターン別 睡眠の実践テクニック

 西門和美=フリーライター

「睡眠に必要なのは、技術です」と語るのは、企業向けに睡眠のオーダーメイドソリューションを提供するニューロスペースの小林孝徳社長。DeNAや吉野家をはじめとする数々の企業で、社員のお悩みに合わせた眠りのテクニックを伝授する、睡眠のプロだ。第1回では「睡眠を司る2つの生体リズム」、第2回では「パフォーマンスを上げるための眠りの極意」について教えていただいた。だが、「自分の勤務スタイルではその通りにできない」と感じる人も多いだろう。そこで今回は、働き方のパターン別に睡眠の実践テクニックをご紹介いただく。

働き方別 良質な眠りのためのテクニック

 眠りにまつわる悩みは、人それぞれだ。眠りの質を左右する要因にはさまざまなものがあり、多くの場合、仕事の内容や勤務体系が大きな影響を与えている。

 そこで今回は、勤務スタイル別に睡眠のお悩みを4パターンに分類。それぞれの職場で役立つ睡眠のテクニックを教えていただこう。

働き方別 睡眠のお悩み4パターン
  1. パソコン作業中心型…長時間パソコンに向き合うデスクワーク。オン・オフを問わず寝る直前までパソコンに触れており、寝つきが悪い人が多い。
  2. 立ち仕事型…立ちっぱなしの時間が長いサービス業など。体を動かしている間は自覚がなくても、知らず知らずのうちに眠気がたまっていることも。
  3. 交代制勤務型…深夜営業の店に勤務する人や医療従事者など。十分な睡眠時間を確保できないことや、昼夜逆転することも珍しくない。
  4. 海外出張型…時差ボケによる眠気に悩まされがち。目的地との時差に翻弄されて生活リズムの立て直しに時間がかかることも。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.