日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 眠りの上達法  > ハイパフォーマンスな人とそうでない人は、「睡眠パターン」に違いがあった!

眠りの上達法

ハイパフォーマンスな人とそうでない人は、「睡眠パターン」に違いがあった!

デキる人の睡眠パターンを身につける3つのコツ

 西門和美=フリーライター

「睡眠に必要なのは、技術です」と語るのは、企業向けに睡眠のオーダーメイドソリューションを提供するニューロスペースの小林孝徳社長。DeNAや吉野家をはじめとする数々の企業で、社員のお悩みに合わせた眠りのテクニックを伝授する、睡眠のプロだ。「睡眠を司る2つの生体リズム」を紹介した前回に続き、今回は、パフォーマンスを上げるための眠りの極意を教えていただく。

 まずは下に掲載した2つの図をじっくりと見比べてほしい。図Aは、仕事のパフォーマンスの高い人がベッドで過ごした時間と実際の睡眠時間、眠気を感じた時間を、1週間にわたって記したもの。図Bは、パフォーマンスが低い人の記録だ。

 あなたは、両者の違いはどんなところにあるか、説明できるだろうか。



 パフォーマンスが高い人と低い人の睡眠パターン~どこがどう違う? 

【図A】 パフォーマンスが高い人 
[画像のクリックで拡大表示]
【図B】 パフォーマンスが低い人
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.