日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 「危険ないびき」を撃退しよう  > いびきや無呼吸がなくなれば、快適な目覚めが訪れる  > 2ページ目
印刷

「危険ないびき」を撃退しよう

いびきや無呼吸がなくなれば、快適な目覚めが訪れる

第4回 CPAP、マウスピース、ナステントなど睡眠時無呼吸症候群治療の実際

 梅方久仁子=ライター

お勧めはCPAP、ただし保険適用には条件が

CPAP療法を始めてから寝覚めが良くなり、機器を手放せなくなる人も多いという。(©Narong Jongsirikul-123rf)
CPAP療法を始めてから寝覚めが良くなり、機器を手放せなくなる人も多いという。(©Narong Jongsirikul-123rf)

 「第一選択はCPAP療法です。CPAPをきちんと使えば、無呼吸は100%なくなります。使える人には、せひ使ってほしいですね」と村田院長は勧める。「CPAPを始めると、無呼吸がなくなって熟睡できるので、『朝の目覚めが非常によくなった』『日中にだるさを感じなくなった』などの声が聞かれます。眠気などの自覚症状がなくSASの診断に半信半疑だった患者さんの場合でも、CPAPを使った結果、自分がいかに熟睡できていなかったかを実感し、機器を手放せなくなる方も多いですよ」(村田院長)。

 ただし、CPAPに健康保険(公的医療保険)が適用されるのは、AHI(無呼吸低呼吸指数、*2)が20以上の場合だけだ。AHI20以上なら、在宅医療としてCPAPを使用することができ、1カ月の費用は4730円の定額で済む(3割負担の場合)。これには、診察、機器のレンタル、メンテナンス、消耗品の交換などの費用がすべて含まれる。

 「家の中で使うものなので、中には『飼い犬がホースをかじって穴が開いちゃったんです』という人もおられます。そんな理由で新しいホースと交換しても、別料金はかかりません。3年に1回くらいの割合で、新機種への交換もできます。ただし、単純な機器のレンタルではなく、在宅医療として健康保険で実施するものなので、月に1回は主治医への受診が必要です」(村田院長)。

 では、AHIが20未満の人は、治療は必要ないのだろうか。村田院長は「AHI20未満でも、さまざまな合併症のリスクを考えると、本当はCPAPをした方がいいと私は思います」と話す。「実は、アメリカでは軽症のSASでも多くの場合CPAPが保険で使えます。将来の心不全や糖尿病を防ぐためには、軽症でもCPAPを使った方がよいという考え方です」(村田院長)。

 日本では、AHI20未満でもCPAPを利用したいという場合は、全額自己負担になり、だいたい月に1万5000円ほどの負担になる。

 全額自己負担はつらいという人は、いっそCPAPの機器を個人的に購入してしまってはどうだろうか。村田院長によると、「CPAPは高度管理医療機器なので、日本では一般販売はされていませんが、海外では5万~10万円で売られており、個人輸入などで購入することは可能です。ただし、個人輸入の場合はメンテナンスサービスや手厚いサポートがないことを考えると、かえって高くつく可能性もあるので、あまりお勧めはできません」とのことだ。

*2 AHI(無呼吸低呼吸指数):1時間当たりの無呼吸(10秒以上の呼吸気流の停止)と低呼吸の回数の合計。低呼吸とは、換気の50%以下の低下に酸素飽和度の3%ないし4%以上の低下を伴うもの。AHIが5以上15未満で軽症、15以上30未満で中等症、30以上で重症のSASとなる。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.