日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「危険ないびき」を撃退しよう  > いびきや無呼吸がなくなれば、快適な目覚めが訪れる
印刷

「危険ないびき」を撃退しよう

いびきや無呼吸がなくなれば、快適な目覚めが訪れる

第4回 CPAP、マウスピース、ナステントなど睡眠時無呼吸症候群治療の実際

 梅方久仁子=ライター

 いびきの検査(第3回「いびきの最初の検査はとても簡単、自宅でOK」参照)の結果、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断されてしまったら、どんな治療法があるのだろうか。SASで寿命が縮むと聞くと、なんとかしたいもの。長年の体調不良やいびきの騒音が解決できるのであれば、なおけっこうだ。しかし、できれば面倒は避けたいし、費用の方も気にかかる。どんな治療が行われるのか、あらかじめ知って心の準備をしておきたい。
 御茶ノ水呼吸ケアクリニックの村田朗院長への取材を基に、今回はSASの治療法を紹介しよう。

 現在行われている睡眠時無呼吸症候群SAS、*1)の治療法には、次のようなものがある。

CPAP(シーパップ)

 CPAP(Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)とは、睡眠中に、鼻に装着したマスクから空気を送り込み、気道に一定の圧力をかけて空気の通り道を確保する治療法のこと。CPAPを行えば、睡眠時の気道の閉塞が防げるため、いびきはなくなり、無呼吸をゼロにできる。

図1 CPAP療法
鼻のマスクから空気圧をかけ、気道を広げていびきや無呼吸を解消する。マスクにはさまざまな種類がある。(写真と原図提供:村田院長)
[画像のクリックで拡大表示]

マウスピース

 下顎が前方に突き出る形のマウスピースを口にはめ込むことで、睡眠中の気道の閉塞を防ぐ方法。軽度のSASであれば、無呼吸の回数を減らすことができる。

ナステント

 2014年7月に発売が始まった、鼻から挿入するチューブ状の一般医療機器(商品名「ナステント」)を使って気道を確保する方法。鼻から差し込んだチューブの先が口蓋垂(のどちんこ)の裏あたりに出ることで、睡眠中に舌や軟口蓋が落ちてきた場合に空気の通り道を確保する。

図2 ナステント
軟らかい素材でできたチューブを鼻から差し込んで気道を確保する。チューブは1回使い切りで、長さ6種類・硬さ2種類から自分に合ったものを選ぶ。(写真提供:セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ)
[画像のクリックで拡大表示]

手術(子どもの場合)

 子どものSASでは、咽頭扁桃肥大(アデノイド)が原因の場合が多いので、肥大した部分を手術で切り取ることで、いびきや無呼吸を解消できる。

 成人に対しては、以前は口蓋垂や周辺の軟口蓋を切り取って気道を広げる手術が行われていた。しかし、しばらく経つと元に戻ってしまうなど、あまり効果が見られないため、現在は基本的に成人のSASに対する手術は行われていない。

 このようにさまざまな方法があるが、一番お勧めなのはどの治療法なのだろうか。

*1  SASには気道が閉塞して無呼吸が生じる「閉塞型SAS」と呼吸そのものが停止してしまう「中枢型SAS」があるが、本特集では閉塞型SASの治療を紹介する。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.