日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「危険ないびき」を撃退しよう  > いびきの最初の検査はとても簡単、自宅でOK
印刷

「危険ないびき」を撃退しよう

いびきの最初の検査はとても簡単、自宅でOK

第3回 「危険ないびき」を疑ったら睡眠時無呼吸症候群の検査を

 梅方久仁子=ライター

 「いびきの放置で寿命が縮まるかも」と聞いて怖くなっても(第2回「メタボよりも怖い『危険ないびき』、放置すると寿命も縮まる」)、受診となると、ついおっくうに感じてしまう人も多いかもしれない。ただ、もし「この忙しいのに、病院にお泊まりなんて無理」と思っているなら、安心してほしい。最初に行うのは簡易検査なので、機器を借りて自宅で検査できるのだ。その結果、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いありと判定されれば、いよいよ病院での精密検査が必要になる。
 御茶ノ水呼吸ケアクリニックの村田朗院長への取材を基に、第3回は、SASの検査と診断方法について紹介する。

まずは、自宅でできる簡易検査でスクリーニング

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われる人が睡眠外来などを受診すると、最初に問診と簡易検査が行われる。簡易検査用機器は扱いが簡単なので、検査機器を借りて帰って、自宅で就寝時に自分でセンサーを着けて、測定できる。

図1 SASの簡易検査のイメージ
指先のセンサーで動脈血の酸素飽和度を、鼻のセンサーで呼吸による気流の変化およびいびきの音を測定する。(イラスト:三弓素青)
[画像のクリックで拡大表示]

 使用する機器によってセンサーの数や種類は異なるが、多くの場合は指先の2カ所(上記イラスト参照)か、を加えた3カ所にセンサーを取り付ける。人間ドックなどでの実施は、費用を抑えるために指先のセンサーのみで行うこともある。指先に装着するのは「パルスオキシメーター」と呼ばれる機器で、皮膚の上から動脈血の酸素飽和度(*1)を測定する。鼻のセンサーは呼吸による気流の変化(およびいびきの音)を測定し、喉のセンサーは気管音(いびきの音)を測定する。

 「私のクリニックでは、正確なデータを取るために、この簡易検査を必ず2日間やってもらいます。いびきをかいている人の体を軽くつつくと、いびきが止まりますよね。いびきは、刺激を受けて体が緊張すると、一時的にかきにくくなるので、モニターを装着することで体が緊張し、その夜だけはいびきをかかなかった、というケースがけっこうあるんです」と村田院長は言う。

 簡易検査では、酸素飽和度や呼吸気流から、無呼吸低呼吸の指標であるAI(無呼吸指数)AHI(無呼吸低呼吸指数)を測定できる。

無呼吸低呼吸の指標であるAI、AHIとは?
  • AI(Apnea Index):無呼吸指数
    1時間当たりの無呼吸の回数。無呼吸とは、10秒以上の呼吸気流の停止をいう。
  • AHI(Apnea Hypopnea Index):無呼吸低呼吸指数
    1時間当たりの無呼吸と低呼吸の回数の合計。低呼吸とは、換気の50%以下の低下に酸素飽和度の3%ないし4%以上の低下を伴うもの。

 AHIが5以上であればSASと診断される。ただ、簡易検査のAI、AHIは精度が低いので、診断を確定するためには、医療機関に1泊入院して精密検査を受ける必要がある。ここはいよいよ観念して、お泊まり検査に挑もう。

*1 酸素飽和度 血液中のヘモグロビン(血色素)がどのくらいの割合で酸素と結びついているかを示す値。95%以上が正常で、低いほど酸素不足の状態になる。皮膚の上から測定する場合は「SpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)」と呼ばれる。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.