日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「危険ないびき」を撃退しよう  > いびきの最初の検査はとても簡単、自宅でOK
印刷

「危険ないびき」を撃退しよう

いびきの最初の検査はとても簡単、自宅でOK

第3回 「危険ないびき」を疑ったら睡眠時無呼吸症候群の検査を

 梅方久仁子=ライター

 「いびきの放置で寿命が縮まるかも」と聞いて怖くなっても(第2回「メタボよりも怖い『危険ないびき』、放置すると寿命も縮まる」)、受診となると、ついおっくうに感じてしまう人も多いかもしれない。ただ、もし「この忙しいのに、病院にお泊まりなんて無理」と思っているなら、安心してほしい。最初に行うのは簡易検査なので、機器を借りて自宅で検査できるのだ。その結果、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いありと判定されれば、いよいよ病院での精密検査が必要になる。
 御茶ノ水呼吸ケアクリニックの村田朗院長への取材を基に、第3回は、SASの検査と診断方法について紹介する。

まずは、自宅でできる簡易検査でスクリーニング

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われる人が睡眠外来などを受診すると、最初に問診と簡易検査が行われる。簡易検査用機器は扱いが簡単なので、検査機器を借りて帰って、自宅で就寝時に自分でセンサーを着けて、測定できる。

図1 SASの簡易検査のイメージ
指先のセンサーで動脈血の酸素飽和度を、鼻のセンサーで呼吸による気流の変化およびいびきの音を測定する。(イラスト:三弓素青)
[画像のクリックで拡大表示]

 使用する機器によってセンサーの数や種類は異なるが、多くの場合は指先の2カ所(上記イラスト参照)か、を加えた3カ所にセンサーを取り付ける。人間ドックなどでの実施は、費用を抑えるために指先のセンサーのみで行うこともある。指先に装着するのは「パルスオキシメーター」と呼ばれる機器で、皮膚の上から動脈血の酸素飽和度(*1)を測定する。鼻のセンサーは呼吸による気流の変化(およびいびきの音)を測定し、喉のセンサーは気管音(いびきの音)を測定する。

 「私のクリニックでは、正確なデータを取るために、この簡易検査を必ず2日間やってもらいます。いびきをかいている人の体を軽くつつくと、いびきが止まりますよね。いびきは、刺激を受けて体が緊張すると、一時的にかきにくくなるので、モニターを装着することで体が緊張し、その夜だけはいびきをかかなかった、というケースがけっこうあるんです」と村田院長は言う。

 簡易検査では、酸素飽和度や呼吸気流から、無呼吸低呼吸の指標であるAI(無呼吸指数)AHI(無呼吸低呼吸指数)を測定できる。

無呼吸低呼吸の指標であるAI、AHIとは?
  • AI(Apnea Index):無呼吸指数
    1時間当たりの無呼吸の回数。無呼吸とは、10秒以上の呼吸気流の停止をいう。
  • AHI(Apnea Hypopnea Index):無呼吸低呼吸指数
    1時間当たりの無呼吸と低呼吸の回数の合計。低呼吸とは、換気の50%以下の低下に酸素飽和度の3%ないし4%以上の低下を伴うもの。

 AHIが5以上であればSASと診断される。ただ、簡易検査のAI、AHIは精度が低いので、診断を確定するためには、医療機関に1泊入院して精密検査を受ける必要がある。ここはいよいよ観念して、お泊まり検査に挑もう。

*1 酸素飽和度 血液中のヘモグロビン(血色素)がどのくらいの割合で酸素と結びついているかを示す値。95%以上が正常で、低いほど酸素不足の状態になる。皮膚の上から測定する場合は「SpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)」と呼ばれる。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.