日経グッデイ

「危険ないびき」を撃退しよう

メタボよりも怖い「危険ないびき」、放置すると寿命も縮まる

第2回 睡眠時無呼吸症候群の困った症状と合併症

 梅方久仁子=ライター

 「危険ないびき」の正体である、睡眠時無呼吸症候群(SAS)。血液の酸欠状態や無呼吸・低呼吸で熟睡できない状態が続くと、健康にどんな悪影響があるのだろうか。第1回「いびきの原因は、日本人特有の『平たい顔』だった!」に続き、第2回では、睡眠時無呼吸症候群が睡眠の質や体調に与える影響と、危険な合併症について、御茶ノ水呼吸ケアクリニックの村田朗院長への取材を基にまとめた。

たびたびの脳の覚醒で、自覚はなくても睡眠不足に

 SASで何度も無呼吸を繰り返すと、脳はおちおち寝ていられない。

 睡眠は、その深さによって1期、2期、3期、4期に分けられる。健康な人の通常の睡眠では、浅い1期~2期と、深い3期~4期の睡眠(いずれもノンレム睡眠)と、脳は覚醒して夢を見て体は寝ているレム睡眠(*1)を90分~120分間隔で繰り返しながら、朝に向かってだんだん眠りが浅くなっていく。

 ところが、SASになると、1時間に20回も30回も呼吸が止まるため、2~3分に1回の割合で脳が覚醒し、「起きて呼吸をしなさい!」と指示を出す。このため、SASの患者の睡眠は1期と2期のみで、3期と4期がほとんど見られなくなる(下図)。これでは、何時間寝ても熟睡できないというわけだ。

図1 SAS患者の睡眠リズム
SAS患者では3期~4期の深い眠りがほとんど見られず、睡眠の質が落ちている。
[画像のクリックで拡大表示]

 そのためSASの人は、日中に強い眠気や倦怠感を感じることが多い。「重要な会議中にうとうとしてしまうのはもちろん、重症患者の中には、商談中に取引先の目の前で寝てしまった人もいます」と村田院長。バスや電車の運転手がSASが原因で居眠り運転をしてしまい、事故を起こすこともある。こうなると、仕事上も日常生活でも、大問題だ。

 ただ、特に強い眠気を感じていなくても、安心はできない。眠気の感じ方は人によって異なり、中には重症のSASなのに、全く眠気を自覚していない人もいるという。「SASの患者さんは、睡眠不足による身体の不調はあるはずなのですが、慢性的な不調なので『歳のせいかな』で済ませてしまうことが多々あります。いびきを心配した家族にうながされて受診し、治療を開始して初めて、『ずっと体調が良くなかったのは、眠たかったせいなんだ』と気付く患者さんも少なくありません」(村田院長)。

*1 レム(REM)睡眠:REMはRapid Eye Movementの略で、睡眠中に急速に眼球が動く状態。

SASの合併症はメタボよりも裾野が広く、重大

 強い眠気や倦怠感といった症状はもちろん日常生活の上で問題となるが、SASでさらに恐ろしいのは、合併症だ。睡眠中の呼吸が十分でないために、血液中の酸素不足や二酸化炭素の増加によって、身体には様々な負担がかかっている。

 例えば、血液中に二酸化炭素がたまって血管が拡張するため、早朝に頭痛が起こることがある。また、低酸素状態を繰り返していると、心臓に大きな負担がかかるため、狭心症不整脈になり、突然死する可能性が高くなる。

 ずっと脳が覚醒しているために、本来夜間には活動が低下する交感神経が、ずっと緊張状態になる問題もある。交感神経が興奮し続けると、日中の活動期に出るホルモンが睡眠中にも出続けて、血圧が高くなる

 さらに怖いのは、交感神経のバランスが崩れると、インスリンが出ても血糖値が下がりにくくなる「インスリン抵抗性」が現れることだ。インスリン抵抗性は、糖尿病脂質異常症の原因になり、動脈硬化から虚血性の心疾患(心筋梗塞など)や脳血管障害(脳梗塞など)へとつながっていく。

SASの主な合併症
  • 頭痛
  • 狭心症、不整脈(⇒突然死)
  • 高血圧
  • インスリン抵抗性(⇒糖尿病、脂質異常症)

 「インスリン抵抗性が現れるのは、実はメタボリックシンドロームの最終段階と同じ状態です。メタボは、内臓脂肪の蓄積によってインスリン抵抗性が現れて、心臓病や脳血管障害へと発展していきます。これが大問題だということで、特定健診(いわゆるメタボ健診)で予防や早期発見に努めることになっていますが、SASでは、内臓脂肪がたまっていなくても、メタボと同様、インスリン抵抗性が現れるのです。しかも、SASでは低酸素状態によって、メタボ関連の合併症以外にもいろいろな合併症が加わってくるため、病気としてはより裾野が広く、重大ともいえます」(村田院長)。

 実際、睡眠時無呼吸症候群の患者が治療を受けずにいると、寿命が縮まるという研究結果もある(下図)。

図2 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者の生存率
無呼吸指数(AI;1時間当たりの無呼吸の回数)が20を超えているのに治療をしていないSASの人は、AIが20以下の人よりも寿命が短くなり、8年後の生存率は約63%になる。(He J, et al. Chest. 1988;94:9-14. 一部改変)
[画像のクリックで拡大表示]

 最近では、緑内障の進行にもSASが関わっていることが分かってきた。研究が進めば、SASが原因で起こる不調は、まだまだ増えていきそうだ。

 残念なことに、SASの有病率に関してきちんとした統計調査はまだ行われていないが、日本のSASの患者数は200万人とも400万人ともいわれている。いびきは自覚しにくいことから、医療機関で診断を受けていない「隠れSAS」の患者もたくさんいると考えられている。

あなたも“隠れSAS”かも? まずはスマホで手軽にチェック

 いびきが気になる場合は、いびきや睡眠時無呼吸症候群を専門とするクリニックや専門外来を受診した方がよいが、まずは自分のいびきの様子を知るために、“文明の利器”を使ってみることをお勧めする。眠っているときの音を録音して、目覚めてから聞いてみるのだ。ひとり暮らしでも実行できるし、家族に聞くよりも納得しやすいだろう。

いびきラボ―いびき対策アプリ(SnoreLab)の結果表示画面
どの程度のいびきが聞こえたかがグラフ表示され、サンプル音声も聞ける。(iOS/Android 無料。App内課金あり。開発:Reviva Softworks Ltd)
[画像のクリックで拡大表示]

 通常のレコーダーやビデオカメラを使ってもよいが、スマートフォンやタブレット端末のアプリを利用すれば、一晩中の録音(録画)データを再生して確認しなくても済むので、より簡単だ。最近は、いびきを手軽に録音できるアプリがいくつも公開されている。

 例えば「いびきラボ」は、いびきの情報を記録して見やすく表示してくれるアプリのひとつ。セットした状態で枕元に置いて眠れば、一晩中、いびきをチェックして、いびきを録音するだけでなく、音量をグラフで表示してくれる。

 全てのいびきを録音するには有料(840円)のアップグレードが必要だが、音量のグラフ表示と一部のサンプリング録音なら、無料で利用できる。まずは、これでどの程度のいびきをかいているかを確認してはどうだろうか。

 ただし、この手のアプリは1室に2人以上が寝ていると、誰が出している音かを区別してくれない。家族がいる人は、計測するときには別々の部屋で寝るか、家族が不在のときに調べるといいだろう。

 次回(「いびきの最初の検査はとても簡単、自宅でOK」)は、「危険ないびき」を見分けるために、睡眠専門のクリニックで行われる検査について紹介する。

■「いびき」に関する人気記事
・いびきの原因は日本人特有の「平たい顔」だった!
・いびきの最初の検査はとても簡単、自宅でOK
・寝てもとれない疲れの原因は「いびき」だった!その疲れの解消法は?
・いびきが原因で夫婦別寝室は悲しい…

村田 朗(むらた あきら)医師
御茶ノ水呼吸ケアクリニック 院長
村田 朗(むらた あきら)医師 1983年日本医科大学卒業。専門は睡眠時無呼吸症候群、COPD。国内の睡眠時無呼吸症候群治療の中心的な存在であり、年間2万4000人の患者数は国内でもトップレベル。2003年2月26日、山陽新幹線の運転手居眠り事故の原因として、当時まだ認知度が低かった「睡眠時無呼吸症候群」を初めて大々的にメディアで取り上げたことでも知られる。
日経グッデイ春割キャンペーン