日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「危険ないびき」を撃退しよう  > メタボよりも怖い「危険ないびき」、放置すると寿命も縮まる  > 3ページ
印刷

「危険ないびき」を撃退しよう

メタボよりも怖い「危険ないびき」、放置すると寿命も縮まる

第2回 睡眠時無呼吸症候群の困った症状と合併症

 梅方久仁子=ライター

 最近では、緑内障の進行にもSASが関わっていることが分かってきた。研究が進めば、SASが原因で起こる不調は、まだまだ増えていきそうだ。

 残念なことに、SASの有病率に関してきちんとした統計調査はまだ行われていないが、日本のSASの患者数は200万人とも400万人ともいわれている。いびきは自覚しにくいことから、医療機関で診断を受けていない「隠れSAS」の患者もたくさんいると考えられている。

あなたも“隠れSAS”かも? まずはスマホで手軽にチェック

 いびきが気になる場合は、いびきや睡眠時無呼吸症候群を専門とするクリニックや専門外来を受診した方がよいが、まずは自分のいびきの様子を知るために、“文明の利器”を使ってみることをお勧めする。眠っているときの音を録音して、目覚めてから聞いてみるのだ。ひとり暮らしでも実行できるし、家族に聞くよりも納得しやすいだろう。

いびきラボ―いびき対策アプリ(SnoreLab)の結果表示画面
どの程度のいびきが聞こえたかがグラフ表示され、サンプル音声も聞ける。(iOS/Android 無料。App内課金あり。開発:Reviva Softworks Ltd)
[画像のクリックで拡大表示]

 通常のレコーダーやビデオカメラを使ってもよいが、スマートフォンやタブレット端末のアプリを利用すれば、一晩中の録音(録画)データを再生して確認しなくても済むので、より簡単だ。最近は、いびきを手軽に録音できるアプリがいくつも公開されている。

 例えば「いびきラボ」は、いびきの情報を記録して見やすく表示してくれるアプリのひとつ。セットした状態で枕元に置いて眠れば、一晩中、いびきをチェックして、いびきを録音するだけでなく、音量をグラフで表示してくれる。

 全てのいびきを録音するには有料(840円)のアップグレードが必要だが、音量のグラフ表示と一部のサンプリング録音なら、無料で利用できる。まずは、これでどの程度のいびきをかいているかを確認してはどうだろうか。

 ただし、この手のアプリは1室に2人以上が寝ていると、誰が出している音かを区別してくれない。家族がいる人は、計測するときには別々の部屋で寝るか、家族が不在のときに調べるといいだろう。

 次回(「いびきの最初の検査はとても簡単、自宅でOK」)は、「危険ないびき」を見分けるために、睡眠専門のクリニックで行われる検査について紹介する。

■「いびき」に関する人気記事
・いびきの原因は日本人特有の「平たい顔」だった!
・いびきの最初の検査はとても簡単、自宅でOK
・寝てもとれない疲れの原因は「いびき」だった!その疲れの解消法は?
・いびきが原因で夫婦別寝室は悲しい…

村田 朗(むらた あきら)医師
御茶ノ水呼吸ケアクリニック 院長
村田 朗(むらた あきら)医師 1983年日本医科大学卒業。専門は睡眠時無呼吸症候群、COPD。国内の睡眠時無呼吸症候群治療の中心的な存在であり、年間2万4000人の患者数は国内でもトップレベル。2003年2月26日、山陽新幹線の運転手居眠り事故の原因として、当時まだ認知度が低かった「睡眠時無呼吸症候群」を初めて大々的にメディアで取り上げたことでも知られる。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.