日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 「怒り」との上手な付き合い方  > “怒る脳”を鎮める「脳内物質」でイライラ解消!  > 4ページ目
印刷

「怒り」との上手な付き合い方

“怒る脳”を鎮める「脳内物質」でイライラ解消!

セロトニン、オキシトシン――“幸せホルモン”で「怒りにくい人」に

 山口佐知子=ライター

「怒らずにいられた自分」を自分で褒めることも効果的

柿木隆介さん。自然科学研究機構 生理学研究所教授。日本内科学会認定医、日本神経学会専門医。専門は神経科学。著書に『どうでもいいことで悩まない技術』(文響社)、『記憶力の脳科学』(大和書房)など。

 イライラしたりしているときは、まずはこれらの方法を試してみよう。

 「自分に合う対処法が見つかって、怒りの感情が和らぐ効果を実感できたら、その効果を意識することも大切です。そして、『怒らずにいられた自分を褒める』ことを実践してください。口に出さずとも、『よく我慢できた』『偉いぞ、自分』などと心の中で褒めるだけでも十分です」(柿木さん)

 「褒められることは、人間にとって快感のひとつ。脳には快感を覚えると学習するという働きがあるので、怒りの感情が生じるたびに抑制がききます。こうした経験を繰り返すうちに脳が学習して、徐々に怒りに振り回されないようになっていきます」(柿木さん)

なぜ「怒りやすい人」が増えているのか?

 第1回でも触れたように、最近は「怒りやすい人」が増えていると感じることが多くなった。今の“怒りの現状”を脳の専門家である柿木さんはどう見ているのだろうか。柿木さんは、現代人に怒りやすい人が増えたように感じる背景には、2つの変化があると考えている。

 1つは、「小さな怒りの感情でも、すぐに言語化してしまうこと」だという。

 「今は怒りの感情を安易に表現するフレーズ(語彙)が増えたこともあり、とっさに言葉として口から発しやすくなっています。例えば、「ヤバッ(ヤバイ)」「うざっ(うざい)」「はぁ?」といったフレーズです。これらのフレーズは、言う側と受け取る側で相当の温度差があります。言う側はとくに罪悪感もなく、反射的に口をついて出たとしても、受け取る側には怒りの感情が芽生えやすいものです。このため、原因はささいなことであっても、『「怒りが怒りを呼ぶ』状態につながりやすいと考えられます」(柿木さん)

 「『ハラスメント』に対する過剰な反応」も怒りやすい人が増えた理由ではないかと柿木さんは指摘する。

 「最近の日本では、『パワハラ』や『セクハラ』『モラハラ』といったハラスメントという概念が浸透して、相手に訴えられることが怖くて、怒りたくても怒れない状況が増えています。そうした人たちの抑圧された怒りの感情が、公共機関や官僚といった“公の人”に向けられやすいのでしょう。また、『お客様は神様』という日本的な考え方も最近は少し行き過ぎにも感じます。これも背景の1つではないでしょうか」(柿木さん)

柿木隆介(かきぎ・りゅうすけ)さん
自然科学研究機構 生理学研究所教授
柿木隆介(かきぎ・りゅうすけ)さん 1978年、九州大学医学部卒業後、同大学医学部付属病院(内科、神経内科)、佐賀医科大学内科に勤務。1983~85年、ロンドン大学医学部留学、1993年より岡崎国立共同研究機構生理学研究所(現、自然科学研究機構)教授。日本内科学会認定医、日本神経学会専門医。専門は神経科学。著書に『どうでもいいことで悩まない技術』(文響社)、『記憶力の脳科学』(大和書房)など。

先頭へ

前へ

4/4 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.