日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「怒り」との上手な付き合い方  > “怒る脳”を鎮める「脳内物質」でイライラ解消!  > 4ページ
印刷

「怒り」との上手な付き合い方

“怒る脳”を鎮める「脳内物質」でイライラ解消!

セロトニン、オキシトシン――“幸せホルモン”で「怒りにくい人」に

 山口佐知子=ライター

「怒らずにいられた自分」を自分で褒めることも効果的

柿木隆介さん。自然科学研究機構 生理学研究所教授。日本内科学会認定医、日本神経学会専門医。専門は神経科学。著書に『どうでもいいことで悩まない技術』(文響社)、『記憶力の脳科学』(大和書房)など。

 イライラしたりしているときは、まずはこれらの方法を試してみよう。

 「自分に合う対処法が見つかって、怒りの感情が和らぐ効果を実感できたら、その効果を意識することも大切です。そして、『怒らずにいられた自分を褒める』ことを実践してください。口に出さずとも、『よく我慢できた』『偉いぞ、自分』などと心の中で褒めるだけでも十分です」(柿木さん)

 「褒められることは、人間にとって快感のひとつ。脳には快感を覚えると学習するという働きがあるので、怒りの感情が生じるたびに抑制がききます。こうした経験を繰り返すうちに脳が学習して、徐々に怒りに振り回されないようになっていきます」(柿木さん)

なぜ「怒りやすい人」が増えているのか?

 第1回でも触れたように、最近は「怒りやすい人」が増えていると感じることが多くなった。今の“怒りの現状”を脳の専門家である柿木さんはどう見ているのだろうか。柿木さんは、現代人に怒りやすい人が増えたように感じる背景には、2つの変化があると考えている。

 1つは、「小さな怒りの感情でも、すぐに言語化してしまうこと」だという。

 「今は怒りの感情を安易に表現するフレーズ(語彙)が増えたこともあり、とっさに言葉として口から発しやすくなっています。例えば、「ヤバッ(ヤバイ)」「うざっ(うざい)」「はぁ?」といったフレーズです。これらのフレーズは、言う側と受け取る側で相当の温度差があります。言う側はとくに罪悪感もなく、反射的に口をついて出たとしても、受け取る側には怒りの感情が芽生えやすいものです。このため、原因はささいなことであっても、『「怒りが怒りを呼ぶ』状態につながりやすいと考えられます」(柿木さん)

 「『ハラスメント』に対する過剰な反応」も怒りやすい人が増えた理由ではないかと柿木さんは指摘する。

 「最近の日本では、『パワハラ』や『セクハラ』『モラハラ』といったハラスメントという概念が浸透して、相手に訴えられることが怖くて、怒りたくても怒れない状況が増えています。そうした人たちの抑圧された怒りの感情が、公共機関や官僚といった“公の人”に向けられやすいのでしょう。また、『お客様は神様』という日本的な考え方も最近は少し行き過ぎにも感じます。これも背景の1つではないでしょうか」(柿木さん)

柿木隆介(かきぎ・りゅうすけ)さん
自然科学研究機構 生理学研究所教授
柿木隆介(かきぎ・りゅうすけ)さん 1978年、九州大学医学部卒業後、同大学医学部付属病院(内科、神経内科)、佐賀医科大学内科に勤務。1983~85年、ロンドン大学医学部留学、1993年より岡崎国立共同研究機構生理学研究所(現、自然科学研究機構)教授。日本内科学会認定医、日本神経学会専門医。専門は神経科学。著書に『どうでもいいことで悩まない技術』(文響社)、『記憶力の脳科学』(大和書房)など。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.