日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「怒り」との上手な付き合い方  > 考えるトレーニングで「怒り体質」は徐々に変わっていく
印刷

「怒り」との上手な付き合い方

考えるトレーニングで「怒り体質」は徐々に変わっていく

「対症療法」でとっさの怒りを防ぎ、「体質改善」で「怒りにくい人」に

 山口佐知子=ライター

 現代社会はストレスがいっぱいだ。物事が思い通りにいかないとつい怒ってしまい、後で怒った自分に落ち込む。「こんな悪いサイクルから脱したい」――そう思っている人は多いだろう。ただ思いに任せて「怒る」のは、百害あって一利なし、しかも「怒りっぽい人は病気になりやすい」という研究結果も出ている。
 そこで特集では、「怒り」を上手にマネジメントする方法を紹介する。今回は、“怒りの感情をコントロールする”トレーニング法「アンガーマネジメント」を使って、怒りと上手に付き合うための具体的な方法を紹介していく。

思いに任せて怒ってばかりいては、百害あって一利なし。“怒りの感情をコントロールする”トレーニング法「アンガーマネジメント」の考え方を学び、怒りと上手に付き合う方法を身につけよう (©imtmphoto -123rf)

 前回は、「怒り」を生み出しやすい現代社会の現状と、健康への影響、そして、企業やスポーツ選手などで「怒りを上手にコントロールして、プラスの効果に好転させよう」という取り組みが広がっていることを紹介した。これが、1970年代にアメリカで開発された「アンガーマネジメント」という手法だ。今回は、アンガーマネジメントを使って、怒りを具体的にどうコントロールしていくかを紹介する。

 日本におけるアンガーマネジメントの第一人者である、日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介さんは、「怒りを感じる出来事が起きたとしても、人によって怒りの感情が心身面に及ぼす影響に格段の差が出ます」と話す。アンガーマネジメントが身についている人は、怒りへの耐性が強く、怒りの感情とうまく折り合いをつけていくための考え方が自然にできているという。

怒りが発生するまでの3つのステップ

 では、具体的には「怒り」が発生したときに、どう捉え、怒りの感情と折り合いをつけていくのか。まずは、意外と知られていない「怒りのメカニズム」を見ていこう。安藤さんは、「怒りが発生するまで、3ステップの段階を踏みます。ここで重要になるのが、Step2の『出来事の意味づけ』です」と話す。

[画像のクリックで拡大表示]

 「この例を見ていただければわかりますが、出来事そのものが、怒りを生んでいるわけではありません。自分が遭遇した出来事に対して、『これはどういう意味があるのか』を自分の価値観や考え方をベースに意味づけをして、『これは許せない』『間違っている』と感じたとき怒りの感情が発生するのです」(安藤さん)

 足を踏んだ相手が、ケースAのように足下のおぼつかない高齢者であると認識したことで、「足を踏んだのは故意ではなかったはず」「もともと足元がおぼつかないのなら仕方ない」などと推測や解釈ができるので、怒りは発生しないし、一瞬ムッっとしたとしてもすぐ静まります。一方ケースBでは、自分自身の中で「自分より年下なら謝って当然だろう」「自分から謝るべきなのに、にらんでくるとは何事だ」といった判断をするため、怒りの感情が芽生えることになる。

 「このように、怒らせているのは出来事そのものではなく、「出来事の意味づけ」にかかってきます。自分自身がその出来事をどう捉えるかが極めて大切で、その後の結果は大きく変わってくるのです」(安藤さん)

 「ケースBの場合でも、『なんだよ、謝りもしないで!』と一瞬思っても、『ここで相手を怒鳴っても、結局は怒って損するのは自分だな』と意味づけできれば、怒りを爆発させることなく、自分自身を落ち着かせることができるようになります」(安藤さん)。怒りを生じさせる出来事に遭遇しても、適切な対処法さえ知っていれば、心身ともに傷つくことなく、怒りを静めることができるのだ。こういった考え方や対処法を身につけ、許容範囲を広げていくことがアンガーマネジメントによるトレーニング(後述する「体質改善」)となる。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.