日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「怒り」との上手な付き合い方  > 考えるトレーニングで「怒り体質」は徐々に変わっていく  > 2ページ
印刷

「怒り」との上手な付き合い方

考えるトレーニングで「怒り体質」は徐々に変わっていく

「対症療法」でとっさの怒りを防ぎ、「体質改善」で「怒りにくい人」に

 山口佐知子=ライター

「対症療法」と「体質改善」という2つのアプローチ

 同じような出来事を経験しても、怒る人もいれば怒らない人もいる。安藤さんはこれを「怒りはアレルギーに似ている」と例える。「私達が日々怒る理由は人それぞれです。待ち合わせの場合も、時間に間に合えばいいという人もいれば、5分前に来ていないとダメだという人もいます。『花粉』『金属』などアレルギー反応の原因は人によって違うのと同様に、怒る原因も人それぞれなのです。出来事そのものが悪いわけではなく、誰もがその出来事で怒るわけではないのです。怒りっぽい人は、反応する出来事が多すぎる人のことです」(安藤さん)

 では、怒りという感情とどう上手に付き合って、「怒りっぽい」人から脱却できるのだろうか。

 安藤さんは、アレルギーの治療法と同じで、怒りのマネジメントには、「対症療法」と「体質改善」という2つのアプローチがあると説明する。

 「自分の中に生じた衝動的な怒りを“とりあえず”抑える『対症療法』と、怒りやすいという自分の性格そのものを変えていく『体質改善』という2つの方向からのアプローチが効果的です」(安藤さん)

 つまり、「目の前の出来事にカチンときたときにはどうするか」「長い目で見て怒りっぽい人にならないためにはどうするか」といった2つの視点からトレーニングするのがおすすめ、というわけだ。

 いずれも重要なトレーニングで、一方だけやればいいというものではない。だが、安藤さんは「まずは対症療法から覚えるといいでしょう」とアドバイスする。実際、アンガーマネジメントのセミナーで、受講者からのニーズで多いのが「とっさの怒りを鎮める方法」なのだという。

 実際にどのようなことをしたらいいのか、安藤さんにそれぞれのトレーニング方法の中からいくつかを挙げてもらった。

[画像のクリックで拡大表示]

 怒りを感じる出来事があったとき、まずは「6秒数える」ところから実践するといいだろう。上司などから怒られたときなど、沈黙が気になるときは、「はい」などと相槌を打つだけでいい。「とっさに言い返さないことが重要です。売り言葉に買い言葉になり、まずいいことはありません。『6秒数える』というと一見簡単そうに思えますが、最初からできるわけではありません。繰り返し練習(トレーニング)することが大切です」(安藤さん)。

 対症療法の中で安藤さんは、3番目の「怒りに点数を付ける(レベル付けする)」方法を習慣化することが効果が高いという。

 「アンガーマネジメントのセミナーでは、必ず実践してもらっています。実際、これを習慣化できた受講生からは、『その場で感じた怒りをかなり鎮められるようになった」という感想をいただきます。怒りのレベルが低いと、「こんなことで怒っても仕方がない」と我に返ったり、点数付けを考えることで意識が目の前の怒りに行かず、その間に収まってきます。繰り返すと、怒りのレベルをかなり正確に把握できるようになり、怒る回数も減っていきます」(安藤さん)

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.