日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 「怒り」との上手な付き合い方  > 怒りやすい人は病気になりやすい? 思いに任せた「怒り」は百害あって一利なし  > 4ページ
印刷

「怒り」との上手な付き合い方

怒りやすい人は病気になりやすい? 思いに任せた「怒り」は百害あって一利なし

「怒り」の感情をプラスに好転させる方法を身につけよう

 山口佐知子=ライター

「怒り」の感情をプラスに好転させる

 「怒り」の感情は、マイナスの部分だけでなく、実は、物事をプラスに好転させるきっかけになる可能性もある。そのキーワードとなるのが、「アンガーマネジメント」という考え方だ。

 アンガーマネジメントとは、怒りの感情と上手に付き合うためのトレーニングのこと。「怒らなくなる」ことを目的にするのではなく、「怒りの感情とうまく折り合いをつけていくための考え方の習慣付け」であり、アンガーマネジメントを学ぶことで、自分の怒りを理解し、怒りの感情とうまくつきあい、ポジティブな考えを生みだすことにつなげようというものだ。

 「最近では、怒りの感情は発奮材料にもなり、モチベーションを上げるエネルギーとなり得るということから、プロのアスリートもトレーニングの一環として取り入れるケースが増えています。例えば、テニスの世界的トッププレイヤーとして名高いロジャー・フェデラー選手も1990年代の後半からアンガーマネジメントを学んでいます」と安藤さんは話す。

 かつてのフェデラー選手は、ミスショットをしてしまった後は自分のラケットを投げて激高するなど、明らかに怒りの感情をコントロールできないケースが目立った。その後、メンタルトレーニングとしてアンガーマネジメントを学び、プレー中に湧く強い怒りの感情を、みずからを鼓舞させるエネルギーに替えることができるようになっていったと言われる。その後、4大大会で多くのタイトルを何度も手にしているフェデラーの活躍ぶりは周知の通りだ。

 こうした効果のため、アメリカのプロスポーツの世界では積極的にアンガーマネジメントを取り入れているという。「例えば、アメリカンフットボール(NFL)では新人選手にアンガーマネジメントの受講が義務付けられています」(安藤さん)

怒りには5つの性質がある

 アンガーマネジメントは、スポーツ選手ばかりが対象ではない。前述したように、日本でも社員教育に導入する企業が増えている。怒りの感情によって時間や労力を浪費するのを防ぎ、職場の人間関係をよくしてチーム力を高めようという狙いだ。

 「怒りっぽい上司のもとでは、部下は委縮していまい、能力を発揮する機会を失ってしまいます。そういった上司の下ではチームで結果を出すことはできませんし、部下も定着しません。実際、上下関係が悪い職場では仕事の生産性が落ちます。これは実感されている方も多いと思います。日本アンガーマネジメント協会が今年3月に実施した調査でも、上司に怒られた後の業務状況について、モチベーションの低下やイライラして仕事に手が付かなくなったといった回答が多く寄せられました」(安藤さん)

 アンガーマネジメントの手法は、会社などでの研修を待つことなく、個人がすぐにでも実践できる。そのファーストステップは、「怒りの性質」を知ることだ。安藤さんは「怒りには5つの性質がある」と説明する。

[画像のクリックで拡大表示]

 いずれの項目も納得するものばかりだろう。子どもに怒りをぶつけてしまう、駅員への暴力や飲食店の店員につい声を荒げてしまうといった行為は、まさに怒りの性質(1番目)をそのまま映し出している。

 7月26日公開の次回では、アンガーマネジメントの具体的なメソッドを学んでいく。

安藤俊介(あんどう・しゅんすけ)さん
日本アンガーマネジメント協会代表理事
安藤俊介(あんどう・しゅんすけ)さん 1971年群馬県生まれ。外資系企業、民間シンクタンクなどを経て渡米。アンガーマネジメントの理論、技術を習得。「アンガーマネジメント」の日本の第一人者。企業や医療機関などで多数の研修、セミナーを担当する。主な著書に、『怒りに負ける人 怒りを生かす人』(朝日新聞出版)、『イラッとしない思考術』(ベストセラーズ)、『「怒り」のマネジメント術』(朝日新聞出版)など。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.