日経グッデイ

がんになった妻から夫へのお願い

がんの手術前後や治療開始後に、妻が夫にお願いしたいこと

卵巣がんサバイバーが提案する がんになった妻の支え方(2)

 太田由紀子=産業カウンセラー/フリーライター

 今や、日本人の約半分が何らかのがんにかかる時代。たとえ自分が免れても、パートナーががんにかかる可能性はあります。もしそれが現実になったら、自分はどう行動すればいいのか。小、中学生の2人の子どもの母であり、産業カウンセラーとして活躍する中、卵巣がんに罹患し治療を受けたがんサバイバー、太田由紀子さんが、自身の体験を基に「妻ががんになった時、夫ができること」についてお伝えします。第1回のテーマは「がんの告知を受けた時、妻が夫にしてほしい7つのこと」でしたが、今回は手術前後や治療開始後についてお話いただきます。

手術前後に寄り添う

治療方針が決まってホッとするのもつかの間、手術前になるとまた不安が襲ってきます。(©Cathy Yeulet 123-rf)

 がんを告知された当初は私も夫も不安でいっぱいでしたが(詳しくは第1回「がんの告知を受けた時、妻が夫にしてほしい7つのこと」を参照ください)、治療方法が決まると、少し安心し、後は病院に任せればいいとお互い気持ちが楽になりました。

 しかし不安は、どのシーンでも新たに発生するもので、手術がある場合は、その手術自体が怖くなります。

 身体にメスを入れるわけですから、確かに怖いですよね。がんの部位によっても異なりますが、女性で一番多い乳がんは胸に、他のがんも内臓に関連するがんが多いので、お腹を切る手術が多いと思います。

 私も開腹手術をしましたので、今、お腹に大きな傷跡があります。私の場合は、開腹するまで腫瘍が良性か悪性か境界性か分かりませんでした。がんの場合、その決定は手術時にされることが多いのです。

 私は麻酔をかけられ眠っている間に、悪性(がん)が分かり、3~4時間の予定だった手術が7時間に延び、10cmくらいの予定だった傷が30cmになりました。

 このように刻々と変わる状況のため、手術に送り出し、ずっと待っているパートナーの方は疲弊すると思いますが、手術前は明るく「いってらっしゃい」で送り出し、手術後もいつもと同じように接してください

大丈夫?と聞かないで…。

 麻酔から覚めた私に、大丈夫と聞かれても…。聞きたいのはこっちです。麻酔で眠っていたので自分がどんな状態か分かりません。大丈夫?と聞かれると、私大丈夫じゃないのかな?と不安になります。でも麻酔が切れたばかりでうまく話せないし、身体が動かせません。

 医師から聞いた情報をパートナーに伝えて安心させてあげてください。そして「よく頑張ったね。大丈夫だよ」と微笑んで、涙は見せず元気をください。一番身近な夫の笑顔と励ましの言葉で妻は元気になります。

手術の傷は心の傷になります。寄り添ってください

 手術が終わると、本人も家族も一安心です。妻は体が回復するまでの時間を病院や、帰宅して自宅で過ごします。身体の回復にだけ目が行きがちですが、妻には一つ越えなくてはならない悲しみがあります。

 手術の傷です。これはがん罹患者だけでなく、手術を受ける多くの女性が体験することだと思いますが、自分のお腹や胸に傷が残る経験はとても辛いものです。

 出産が帝王切開だった女性も少し感じるのではないかと思いますが、出産という、喜びを伴う手術とは異なり、病気のために受けた手術の傷は悪者を摘出するために付いた傷なので、後悔を伴います。

 私の場合、手術直後、傷は二重にテーピングされていました。医師に外側の大きいテープを取ってもらった後も細かいテープが貼ってあるので傷跡がよく分からず、全貌が見えたのは、一人でシャワーを浴びた時でした。

 赤黒く長い傷跡がお腹にあるのを見た時、ものすごくショックでした。いつの間にか大泣きしながら、自分のお腹に「ごめんね」と何度も言っていました。

 どんな年齢でも、体形がふくよかでもスレンダーでも、お腹にザックリと無残な傷があるのを見てショックを受けない女性はいないと思います。いくつになっても女性は綺麗でいたいものですから。そんな妻の気持ちに寄り添ってください。

 傷を見せられた夫もショックだと思いますが、その気持ちを共有して優しく接してあげてください

 子どもも見たら驚くと思いますが、いずれは分かるもの。母親が受けたダメージの大きさに目をそむけずに、早めに見せた方がいいと思います。子どものショックに寄り添うのも夫(父)の役目です。

抗がん剤治療のフォロー

 私は手術後、病理検査でがんのステージが上がり、予防のために抗がん剤治療を受けました。いよいよ抗がん剤治療の始まりです。

 私の場合は、毎月2泊3日で入院し、6クール(6カ月間)抗がん剤治療を受けましたが、がんの種類や治療の進め方によって、その回数や入院の有無は異なるようです。副作用は似通ったものもありますが、症状の出方は人それぞれです。

抗がん剤治療のイメージに惑わされず、妻特有の副作用に向き合って

 抗がん剤治療を受ける患者に、どんなイメージを持っていますか? ドラマの中に出てくるように、やせ細り、脱毛し、いつも嘔吐する…。そんな暗い、辛くて怖いイメージでしょうか。

 実際、私もかなり辛い思いもしましたが、副作用は多岐にわたり、思っていたより辛くない症状や、想像もしていなかった経験もしました。個人差がずいぶんあると思います。妻が言う辛い症状をよく聞いて、その時間が楽に過ぎるよう、寄り添ってほしいものです。

 ここからは、私に出た副作用と卵巣がん体験者の会スマイリー(2016年最新)のデータを基にご提案します。

【 手足のしびれ 】

 手足のしびれは、目に見えない症状で分かりにくいせいか、あまり知られていない副作用ですが、抗がん剤治療を受けた、ほとんどのがん患者が辛いと言います。私が入っている患者会のアンケートでは辛い副作用NO.1でした。

 足の場合は、常に粗めの砂利を踏んでいるような感覚で、足の裏や指がしびれと痛みで嫌な思いをします。治療の回数が増えるたびに、そのしびれは強く不快になります。次第につまずいたり転びやすくなるので、危険も伴います。

 また手の場合は、指先の感覚が麻痺してよく分からなくなりますので、手に持ったつもりで落としたり、熱さを感じにくいなど、生活にも支障が出ます。

妻の様子に気を付けて!少しの気遣いが身に染みます

 しびれを緩和する漢方薬なども処方されますが、少なくとも私の“がん友”の中には、この薬がよく効いたと言う人は誰もいません。傷んだ神経が修復されないとその症状は改善されないので、とても時間がかかるのだと思います。

 治療終了からもうすぐ8カ月の私もまだしびれはありますし、早い人でもしびれが取れるまでに2年かかり、一生取れない人もいるといわれる悲しい副作用です。

 薬を飲んでも改善しない副作用にどう向き合うか、必要なのは夫の気遣いと優しさです。つまずかないよう、足下に物を置かないようにする。何か手渡す時は両手を添える。妻が確実に何かを終えるまで、気長に待ってあげる。そんな少しの気遣いが妻には身に染みます。

 時には手足のマッサージをしてあげてください。治らなくてもスキンシップの優しさには、妻の痛みやしびれを軽くする効果があると思います。

【 身体中の筋肉や節々の痛み 】

 私の場合、最初の副作用は身体中の痛みでした。具体的に言えないけれど、身体中…、心臓、腰、足首、手首の節々など、ありとあらゆるところが痛い! 思ってもいなかった副作用に驚き、後悔しました。

 何の後悔でしょうか?

 それは、抗がん剤治療を選んでしまった後悔です。医師から抗がん剤治療を勧められた時、とても抵抗がありました。ドラマでしか知らない恐ろしい治療を自分が受けるなんて考えられません。また、抗がん剤に否定的な人は多く、「抗がん剤はいい細胞もやっつけてしまう“悪”だからやめろ」「再発したら考えれば?」なんて無責任なことを言う人もいました。

抗がん剤治療を選んでしまった後悔とともに痛みに耐えるのは、非常に辛いものです。(©Katarzyna Białasiewicz 123-rf)

 しかし私が罹患した難治性の進行がんは、待ったなし!まだ小、中学生の子供がいる私にとって、命の保証がない他の治療方法と比較し精査する余裕などありません。

 そんな思いで治療を決めたものの、実際に副作用を体験すると、どんなに強い薬なのかと身をもって感じました。身体中が嫌がっているのが分かるのです。自分で自分の身体を壊す治療方法を選んでしまった。そんな後悔とともに痛みに耐えていました

無理に耐えさせないで…

 痛みの原因は治療薬でした。原因が分かっているのですから、無理に耐える必要はなかったのでしょうが、がん患者はいろいろなことを我慢しがちです。がんになったことで自分を責めてもいるので、辛いことも耐えなくてはいけないと思っている人が多いのです。抗がん剤により生じる痛みやしびれも、当たり前の辛さだから、耐えようとする人が多いように思います。

 ですから、妻が痛みを耐えているようなら、「鎮痛剤などの薬を飲んでいいんだよ」と言い、そんな縛りから解放してあげてください。

 痛みが取れれば眠れます。辛い思いを悶々と抱えることもありません。健康な人には理解できないかもしれませんが、薬で生まれた辛さは薬で解決してもいいと思います。自然治癒力も期待できません。今が辛いのですから。

【 吐き気や味覚障害 】

 抗がん剤治療の副作用の中ではよく、吐き気がクローズアップされますが、今は抗がん剤の投薬前に吐き気止めが投薬されることが多いようで、私の場合、その症状は薬が切れた後から現れました。

食べたくない時は無理せずに、食べたいものだけ。わがままを聞いてあげて

 吐き気には波があります。ムカムカしてどうしようもないと思ったら、急にお腹がすいたり、でも匂いのせいで食べるのは無理だったり…。そんな妻の状態を分かってあげてください

 夫が栄養を考えて作ってくれた料理を口にできない日もあります。妻は夫が料理をしてくれたことが嬉しいのに、食べられないことで罪悪感を抱きます。そんな微妙な気持ちをくみ取ってあげてください

 また、食べ物の嗜好の変化や、味覚障害は多くの人が経験します。私の場合は治療前まで、とても薄味だったのが、濃い味やしょっぱいもの、酸っぱいものが好きになりました。治療中に一番のお気に入りは中華の酸辣湯(サンラータン)でした。また味覚障害も起こり、マヨネーズの味が何も感じられなくなり驚きました。

 患者会のアンケートでも、治療中おいしく食べられたものは、焼きそば、お好み焼き、インドカレー、ハンバーガーなど、濃い味やジャンキーなものも多く、抗がん剤治療中の患者が食べるなんて予想もできないものが並びます。

 そのほか、のど越しのいい麺類や、飲み物は柑橘系や炭酸などが好まれ、これは経験者でないと分からないことなので、妻のわがままを聞いて、食べたいものを選んでほしいと思います。

【 脱毛 】

 脱毛は人によって出る時期が多少ずれるようですが、多くの場合、治療開始後2週間くらいで抜け始めます。よくドラマであるように、シャワーで髪を洗うとごっそり抜ける…という状況が本当に起きました。これは毛根がお湯で温められ抜けやすくなるからだそうですが、とてもショックな体験です。

 ホルモンの関係で最初は後頭部が抜け、孫悟空の沙悟浄(さごじょう)のような状態になりました。それで一旦終了し、次の抗がん剤治療でだんだん側面も抜け…。3カ月くらいでほとんどが抜けました。

抜けた髪の処理は手伝ってあげてください

 お風呂の溝にたまる髪の毛、抜ける量が多くなると幼児の頭1個分くらいの髪がたまったりします。それはとても怖いことで、私の場合は怖くて悲しくて、主人に「ごめん」と謝り片付けてもらいました。大体シャワーでは抜けるたびに泣いていた頃なので、主人もあきらめてくれたようです。

 これはご家庭によって違うと思いますが、もし妻が怖がったら手伝ってあげてください。枕に付く髪、床に落ちる髪、しばらくは家族で覚悟してください。そして、家族で髪が抜けていく妻をいたわってください。

 髪が抜けることで、自分が醜くなっていくような敗北感を味わいます。分かっていてももう脱毛を止められません。いずれは眉毛もまつ毛も抜け、別人のようになって行きます。

脱毛しても、人相が変わっても妻は妻、いたわりを忘れずに。

 なりたくてなるわけではありません。がんをやっつけるために仕方なく選んだ抗がん剤治療です。悔しい気持ちを共有してあげてください。

 外見が変わることにショックを受け、外出できなくなったり、うつ状態になるがん患者も多いものです。家族みんなでサポートして、妻の気持ちに寄り添ってください。

 脱毛のことで子どもがふざけ、それに明るく応えていても、妻は本当は悲しいもの。夫のあなたはふざけず、妻の味方でいてあげてください

【 骨髄抑制 】

 抗がん剤治療後2週間くらいで、副作用の一つである「骨髄抑制」という状態になりました。血液中の白血球の値が落ち病気になりやすくなったり、血小板の値が落ち、血が止まりにくくなったりする状態です。

 この期間は外出禁止になる人も多く、家の中も清潔を保つことが必要になってくるようです。倦怠感も起こりやすいので、外には出られないし、動けずダメダメな状態になる人が多いそう。私も、自分のためにも掃除をして家のばい菌を追い払いたいところでしたが、それをやる免疫力も体力もありません。それに、うっかりけがをしたら、血が止まらなくなる可能性もあるそうなので、めったなことはできません。

夫や家族が頼りです。妻をみんなで守ってください

 家族みんなで、風邪やインフルエンザ、他の病気にかからぬよう努力して、妻のいる家に悪いものを持ち帰らないようにしてください。そして、掃除や風呂洗い、ペットの世話を、分担してお願いします。やりたくてもできません。この時期だけは、夫や家族が頼りです。

 ここまで挙げた副作用以外に、貧血、むくみ、かゆみ、口内炎、爪の変色、水痘、しみ、目のチカチカ、歯痛など、様々な副作用があるようです。妻の感じる副作用の緩和に根気強く付き合ってください。いつか終わる日は来ます。

太田由紀子(おおたゆきこ)さん
産業カウンセラー/フリーライター
太田紀子(おおたゆきこ)さん 出版社、放送局勤務後、産業カウンセラーの資格を取得。傾聴でカウンセリングを行う。日経ビジネ スオンライン「メンタルリスク最前線」やや日経ウーマンオンライン「働き女子のメンタルヘルス」コラム執筆(共に終了)。日経ビジネスムック『課長塾 部下育成の流儀』にも登場。