日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > がんになった妻から夫へのお願い  > がんの手術前後や治療開始後に、妻が夫にお願いしたいこと  > 5ページ
印刷

がんになった妻から夫へのお願い

がんの手術前後や治療開始後に、妻が夫にお願いしたいこと

卵巣がんサバイバーが提案する がんになった妻の支え方(2)

 太田由紀子=産業カウンセラー/フリーライター

【 脱毛 】

 脱毛は人によって出る時期が多少ずれるようですが、多くの場合、治療開始後2週間くらいで抜け始めます。よくドラマであるように、シャワーで髪を洗うとごっそり抜ける…という状況が本当に起きました。これは毛根がお湯で温められ抜けやすくなるからだそうですが、とてもショックな体験です。

 ホルモンの関係で最初は後頭部が抜け、孫悟空の沙悟浄(さごじょう)のような状態になりました。それで一旦終了し、次の抗がん剤治療でだんだん側面も抜け…。3カ月くらいでほとんどが抜けました。

抜けた髪の処理は手伝ってあげてください

 お風呂の溝にたまる髪の毛、抜ける量が多くなると幼児の頭1個分くらいの髪がたまったりします。それはとても怖いことで、私の場合は怖くて悲しくて、主人に「ごめん」と謝り片付けてもらいました。大体シャワーでは抜けるたびに泣いていた頃なので、主人もあきらめてくれたようです。

 これはご家庭によって違うと思いますが、もし妻が怖がったら手伝ってあげてください。枕に付く髪、床に落ちる髪、しばらくは家族で覚悟してください。そして、家族で髪が抜けていく妻をいたわってください。

 髪が抜けることで、自分が醜くなっていくような敗北感を味わいます。分かっていてももう脱毛を止められません。いずれは眉毛もまつ毛も抜け、別人のようになって行きます。

脱毛しても、人相が変わっても妻は妻、いたわりを忘れずに。

 なりたくてなるわけではありません。がんをやっつけるために仕方なく選んだ抗がん剤治療です。悔しい気持ちを共有してあげてください。

 外見が変わることにショックを受け、外出できなくなったり、うつ状態になるがん患者も多いものです。家族みんなでサポートして、妻の気持ちに寄り添ってください。

 脱毛のことで子どもがふざけ、それに明るく応えていても、妻は本当は悲しいもの。夫のあなたはふざけず、妻の味方でいてあげてください

【 骨髄抑制 】

 抗がん剤治療後2週間くらいで、副作用の一つである「骨髄抑制」という状態になりました。血液中の白血球の値が落ち病気になりやすくなったり、血小板の値が落ち、血が止まりにくくなったりする状態です。

 この期間は外出禁止になる人も多く、家の中も清潔を保つことが必要になってくるようです。倦怠感も起こりやすいので、外には出られないし、動けずダメダメな状態になる人が多いそう。私も、自分のためにも掃除をして家のばい菌を追い払いたいところでしたが、それをやる免疫力も体力もありません。それに、うっかりけがをしたら、血が止まらなくなる可能性もあるそうなので、めったなことはできません。

夫や家族が頼りです。妻をみんなで守ってください

 家族みんなで、風邪やインフルエンザ、他の病気にかからぬよう努力して、妻のいる家に悪いものを持ち帰らないようにしてください。そして、掃除や風呂洗い、ペットの世話を、分担してお願いします。やりたくてもできません。この時期だけは、夫や家族が頼りです。

 ここまで挙げた副作用以外に、貧血、むくみ、かゆみ、口内炎、爪の変色、水痘、しみ、目のチカチカ、歯痛など、様々な副作用があるようです。妻の感じる副作用の緩和に根気強く付き合ってください。いつか終わる日は来ます。

太田由紀子(おおたゆきこ)さん
産業カウンセラー/フリーライター
太田紀子(おおたゆきこ)さん 出版社、放送局勤務後、産業カウンセラーの資格を取得。傾聴でカウンセリングを行う。日経ビジネ スオンライン「メンタルリスク最前線」やや日経ウーマンオンライン「働き女子のメンタルヘルス」コラム執筆(共に終了)。日経ビジネスムック『課長塾 部下育成の流儀』にも登場。

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.