日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > がんになった妻から夫へのお願い  > がんの手術前後や治療開始後に、妻が夫にお願いしたいこと
印刷

がんになった妻から夫へのお願い

がんの手術前後や治療開始後に、妻が夫にお願いしたいこと

卵巣がんサバイバーが提案する がんになった妻の支え方(2)

 太田由紀子=産業カウンセラー/フリーライター

 今や、日本人の約半分が何らかのがんにかかる時代。たとえ自分が免れても、パートナーががんにかかる可能性はあります。もしそれが現実になったら、自分はどう行動すればいいのか。小、中学生の2人の子どもの母であり、産業カウンセラーとして活躍する中、卵巣がんに罹患し治療を受けたがんサバイバー、太田由紀子さんが、自身の体験を基に「妻ががんになった時、夫ができること」についてお伝えします。第1回のテーマは「がんの告知を受けた時、妻が夫にしてほしい7つのこと」でしたが、今回は手術前後や治療開始後についてお話いただきます。

手術前後に寄り添う

治療方針が決まってホッとするのもつかの間、手術前になるとまた不安が襲ってきます。(©Cathy Yeulet 123-rf)

 がんを告知された当初は私も夫も不安でいっぱいでしたが(詳しくは第1回「がんの告知を受けた時、妻が夫にしてほしい7つのこと」を参照ください)、治療方法が決まると、少し安心し、後は病院に任せればいいとお互い気持ちが楽になりました。

 しかし不安は、どのシーンでも新たに発生するもので、手術がある場合は、その手術自体が怖くなります。

 身体にメスを入れるわけですから、確かに怖いですよね。がんの部位によっても異なりますが、女性で一番多い乳がんは胸に、他のがんも内臓に関連するがんが多いので、お腹を切る手術が多いと思います。

 私も開腹手術をしましたので、今、お腹に大きな傷跡があります。私の場合は、開腹するまで腫瘍が良性か悪性か境界性か分かりませんでした。がんの場合、その決定は手術時にされることが多いのです。

 私は麻酔をかけられ眠っている間に、悪性(がん)が分かり、3~4時間の予定だった手術が7時間に延び、10cmくらいの予定だった傷が30cmになりました。

 このように刻々と変わる状況のため、手術に送り出し、ずっと待っているパートナーの方は疲弊すると思いますが、手術前は明るく「いってらっしゃい」で送り出し、手術後もいつもと同じように接してください

大丈夫?と聞かないで…。

 麻酔から覚めた私に、大丈夫と聞かれても…。聞きたいのはこっちです。麻酔で眠っていたので自分がどんな状態か分かりません。大丈夫?と聞かれると、私大丈夫じゃないのかな?と不安になります。でも麻酔が切れたばかりでうまく話せないし、身体が動かせません。

 医師から聞いた情報をパートナーに伝えて安心させてあげてください。そして「よく頑張ったね。大丈夫だよ」と微笑んで、涙は見せず元気をください。一番身近な夫の笑顔と励ましの言葉で妻は元気になります。

手術の傷は心の傷になります。寄り添ってください

 手術が終わると、本人も家族も一安心です。妻は体が回復するまでの時間を病院や、帰宅して自宅で過ごします。身体の回復にだけ目が行きがちですが、妻には一つ越えなくてはならない悲しみがあります。

次ページ
妻の悲しみとは

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.