日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > がんになった妻から夫へのお願い  > がんの告知を受けた時、妻が夫にしてほしい7つのこと
印刷

がんになった妻から夫へのお願い

がんの告知を受けた時、妻が夫にしてほしい7つのこと

卵巣がんサバイバーが提案する がんになった妻の支え方(1)

 太田由紀子=産業カウンセラー/フリーライター

 フリーアナウンサーの小林麻央さんの乳がん闘病について、麻央さんの夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが開いた記者会見。このとき初めて「自分の妻ががんになったら…」と想像した方も少なくないのではないでしょうか。でも今や、日本人の約半分が何らかのがんにかかる時代です。たとえ自分が免れても、パートナーががんにかかる可能性はあります。もしそれが現実になったら、自分はどう行動すればいいのか。
 2児の母であり、産業カウンセラーとして活躍する中、卵巣がんに罹患し治療を受けたがんサバイバー、太田由紀子さんが、自身の体験を基に「妻ががんになった時、夫ができること」についてお伝えします。

2人に1人ががんになる時代。いつ自分のパートナーがなるとも限らない。(©Nataliya Hora 123-rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 私は2015年にがんに罹患し、手術・抗がん治療を受けた卵巣がんサバイバーです。 人間ドックで腫瘍が見つかりいくつかの検査後、がん(かもしれない)との告知を受けた私はとてもショックで、頭が真っ白になりました。怖くて悲しくて毎晩泣いてばかりの私に、夫はそっと寄り添ってくれました。

 夫は私が思っていたより、胆が据わっていたんだな、と思いました。しっかり対応してくれることに驚くとともに、とても安心し頼りにできました。

 でもつい最近(抗がん治療後6カ月くらい)、夫に告知された当時のことを聞いてみたら、夫はぼそっと「夢のようだった」と答えました。夢の中にいたようで、本当にあったこととは思えない、よく思い出せないと言うのです。

 私はその言葉を聞いて、夫が私と同じように、もしくは私以上に、私の病気や治療についてショックを受けていたことを知りました。そして、夫が私を失くすかもしれない恐怖や悲しみを抱え、私や家族を支え続けていたことに気づき、心から感謝しました。

 うちの妻は、がんにならない

 そう思っている方が多いと思います。そんなことなど考えてもいない人がほとんどかもしれません。でも、日本人の2人に1人ががんになる時代。身近にいなくても、がんになる確率は歳をとるごとに上がっていきます。

 そんな重い病気の人を支えることなど僕にはできないと夫が投げ出したら、妻はどこにもすがることができなくなり、病気にも自分にも負けてしまいます。

 そこで、この記事では、身をもって経験した立場から、がんになった妻をどう支えたらいいかについて、ご提案します。同時に、ここで書く内容が、今治療中の奥様を支えている皆さんにとってのエールになればと思っています。

がん(かもしれない)告知を受けた時

 私の腫瘍が見つかったのは、2015年2月末。人間ドックの超音波検査の時でした。検査医師から、大きな腫瘍があるので、すぐに近くの病院を受診してくださいと紹介状を渡され、途方にくれました。主人にもラインで連絡しました。でもこの時は腫瘍の正体が分かっていなかったので、そんなに怖くはありませんでした。

 しかし、MRI検査の画像を観ながら、医師に腫瘍が悪性かもしれないと言われた時は、頭が真っ白になり、ショックで心がズタズタになりました。

 どうして私が、がんに…。

 がんになったことへの疑問とこれまでの後悔、恐怖と悲しみが押し寄せました。私は死んでしまうの? 一番心配なのは、家族のことでした。

 病院の個室で泣くだけ泣いて、帰宅しました。子供たちに心配をかけたくなかったので、笑顔を無理に作りましたが、心は悲しみと恐怖で押しつぶされそうでした。

 医師の言葉を聞く前と聞いた後では、すべてのものが違って見えました。この当たり前の日常が無くなってしまうかもしれない。そう考えるだけで、すべてのものがかけがえのないものに見えました。

 帰宅した夫と相談し、まだ悪性と決まったわけではないから、子供たちに話すのはやめようと決めました。

 こんなとき、夫に求めることはどんなことか分かりますか?

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.