仕事に追われて運動不足だった状態から、心拍トレーニングによる無理のない体力回復を目指した。

記事に戻る